Rakuten infoseek

辞書

荒木又右衛門【あらきまたえもん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

荒木又右衛門
あらきまたえもん
[生]慶長4 (1599).1. 伊賀
[没]寛永15 (1638).8.28. 鳥取
江戸時代初期の剣士。柳生十兵衛三厳を学んだといわれる。寛永11(1634)年11月7日伊賀上野鍵屋で,義弟けて河合又五郎を討った話(伊賀越仇討)は有名。その後同 15年に鳥取藩主池田氏に召されて 1000石を供されたが同年

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あらき‐またえもん〔‐またヱモン〕【荒木又右衛門】
[1599~1637]江戸前期の剣客。伊賀国荒木村の人。寛永11年(1634)伊賀上野で妻の弟源太夫のかたきを討つ。伊賀越えの仇討(あだう)ちとして有名。
直木三十五の時代小説。昭和5年(1930)刊。初版刊行時のタイトルは「正伝荒木右衛門」。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

荒木又右衛門 あらき-またえもん
1599-1638 江戸時代前期の剣術家。
慶長4年生まれ。柳生三厳(やぎゅう-みつよし)(十兵衛)に柳生新陰流をまなんだといわれる。寛永11年義弟の備前岡山藩士渡辺数馬に助太刀して,河合又五郎らを伊賀(いが)(三重県)上野の鍵屋(かぎや)の辻(つじ)で討った(伊賀越の(あだ)討ち)。寛永15年8月28日死去。40歳。伊賀出身。本姓服部。名は保和。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

あらきまたえもん【荒木又右衛門】
1599‐1638(慶長4‐寛永15)
新陰流の剣豪。伊賀国(三重県)藤堂家の服部平左衛門の次男として生まれる。幼名丑之助。一時養子に出るが,のち荒木姓を名のる。剣術の師は確証はないが,俗説では柳生十兵衛三厳から新陰流を学んだとも伝えられる。29歳で大和郡山,松平忠明家中の剣術師範となる。又右衛門の妻が備前岡山藩主池田忠雄の家臣渡辺源太夫の姉であった関係で,源太夫が同藩の河合又五郎に殺害され,その兄渡辺数馬の依頼で仇討の助太刀をすることになる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あらきまたえもん【荒木又右衛門】
1599~1638 江戸初期の剣客。伊賀国荒木村の人。剣を柳生十兵衛に学ぶ。1634年、義弟渡辺数馬を助け、伊賀上野の鍵屋の辻で数馬の弟源太夫(戯曲・講談などでは父靭負ゆげい)の敵かたき、河合又五郎を討った。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

荒木又右衛門
あらきまたえもん
(1598―1638)
江戸初期の剣術家。名は保和(やすかず)。いわゆる「伊賀越(いがごえ)の仇討(あだうち)」で有名。伊賀国阿拝(あへ)郡服部(はっとり)郷荒木村(三重県伊賀市)の生まれ。幼少より養父に中条流、叔父に神道流を教えられ、のちに柳生(やぎゅう)十兵衛に剣を学んだといわれるが確証はない。長じて岡山藩主池田忠雄(のち鳥取に移封)に仕えたが、ゆえあって辞して郷里に帰り、数年後大和郡山(やまとこおりやま)藩松平忠明に仕え250石を給せられた。1634年(寛永11)11月7日、妻みねの弟渡辺数馬(かずま)(岡山藩士)を助けて、仇敵(きゅうてき)河合又五郎らを伊賀上野の鍵屋の辻(かぎやのつじ)で討った。その後約4年の間、藤堂(とうどう)家に身柄を預けられ手厚い保護を受けたが、翌年10月には仇討の際の兵法未熟を恥じ、数馬とともに同家の新陰(しんかげ)流戸波(となみ)又兵衛に入門している。1638年(寛永15)8月旧主にあたる鳥取藩池田家に引き取られることとなり、鳥取に到着直後の同月28日急病でこの世を去った。行年41歳。墓は鳥取市内の玄忠寺にある。[渡邉一郎]
『大久保弘著『荒木又衛門抄』(1965・荒木会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あらき‐またえもん【荒木又右衛門】
江戸初期の剣客。柳生十兵衛三厳(みつよし)に剣を学ぶ。寛永一一年(一六三四)一一月、伊賀(三重県西北部)上野鍵屋の辻において、妻の弟渡辺数馬を助け、数馬の弟(一説に父)源太夫の仇河合又五郎らを討つ。伊賀越の仇討として、浄瑠璃「伊賀越道中双六」などに脚色された。慶長四~寛永一五年(一五九九‐一六三八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荒木又右衛門」の用語解説はコトバンクが提供しています。

荒木又右衛門の関連情報

関連キーワード

マーストンナンダ・バインマーストンガリレイ(年譜)釜石市から東海市への集団移転九戸城難民審査参与員制度ギャドペカドルグラナダ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.