Rakuten infoseek

辞書

荒事【あらごと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

荒事
あらごと
歌舞伎の特殊な演技演出の一つで,超人的な力をもった主人公がその勇猛ぶりを見せるもの。きわめて様式的,誇張的な演出で,使用するかつら,衣装,小道具なども非写実的誇張がある。1世市川団十郎延宝1 (1673) 年,江戸中村座の『四天王稚立 (してんのうおさなだち) 』で演じたのが最初で,以後代々の団十郎が継承して市川家の家の芸となるとともに江戸歌舞伎の特色となった。歌舞伎十八番の『暫 (しばらく) 』『矢の根』などはその代表的演目であるが,『国性爺合戦 (こくせんやかっせん) 』の和藤内,『車引』の梅王丸,『伽羅先代萩 (めいぼくせんだいはぎ) 』の荒獅子男之助の演技などにもみられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あら‐ごと【荒事】
歌舞伎で、武士や鬼神などの荒々しさを誇張して演じること。また、その演出様式やそれを演じる狂言。創始者とされる初世団十郎以来市川家のお家芸で、江戸歌舞伎の特色。→和事(わごと)実事(じつごと)
荒々しい行為のたとえ。「荒事結着がつく」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あらごと【荒事】
歌舞伎の演技様式の一つ。《暫(しばらく)》や《矢の根》の主人公,《曾我の対面》の五郎,《菅原伝授手習鑑》の〈車引の場〉の梅王丸などに代表される,稚気に溢れ,力に満ちた勇壮活発な人物の行動を表す。六方見得つらね隈取,三本太刀など,独特の表現や小道具を伴うのが常で,7,8歳の子供の心で演じよとか,くくり猿のように体を丸くして演じよといった心得が伝えられている。語源は俗に荒武者事の略といわれているが,定かでない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あらごと【荒事】
歌舞伎で勇士・鬼神の類を主役とする勇壮な狂言。「暫しばらく」「鳴神」など。また、その荒々しい所作。元禄(1688~1704)頃初代市川団十郎が始め、江戸歌舞伎の特色となった。 → 和事わごと実事じつごと

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

荒事
あらごと
歌舞伎(かぶき)独特の演技、演出法。豪傑、神仏、妖魔(ようま)などの超人的な強さを表現するために、顔や手足に隈取(くまどり)をし、鬘(かつら)、衣装、小道具、動作、発声など、すべて様式的に表現する。通説では、初世市川団十郎が当時流行した金平浄瑠璃(きんぴらじょうるり)にヒントを得て、1673年(延宝1)9月江戸・中村座上演の『四天王稚立(してんのうおさなだち)』で初めて演じたといわれるが、その土台には、初期の歌舞伎に多くみられた武士、男伊達(おとこだて)、奴(やっこ)、敵(かたき)役などが演じる荒々しい演技があったと考えられる。ただ「荒事」の語源には、単に荒っぽいという意味のほか、神が現れることを意味する「あれる」があるといわれ、それが江戸歌舞伎随一の名家団十郎の「家の芸」として継承されることによってますます明瞭(めいりょう)になり、江戸歌舞伎の特色として定着するようになったものである。その演出は『暫(しばらく)』『矢の根』をはじめ「歌舞伎十八番」のほとんど全演目に行われ、ほかにも『国性爺(こくせんや)合戦』の和藤内(わとうない)、『菅原(すがわら)』(車引(くるまびき))の梅王丸・松王丸、『千本桜(せんぼんざくら)』(鳥居前(とりいまえ))の忠信(ただのぶ)、『先代萩(せんだいはぎ)』(床下(ゆかした))の男之助(おとこのすけ)など、多くの役に用いられている。[松井俊諭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あら‐ごと【荒事】
〘名〙
① 荒々しい行為のたとえにいう。
※文明本節用集(室町中)「荒事 アラコト」
※雑俳・柳多留‐四六(1808)「嫁のあら事鬼灯の首をぬき」
② 歌舞伎で、扮装と演技が象徴的に誇張された豪快な演出法。また、そういう脚本。元祿年間(一六八八‐一七〇四)、初代市川団十郎が金平(きんぴら)浄瑠璃の操りにヒントを得て創始、以来市川家の家芸となり、江戸歌舞伎の特色となる。⇔和事(わごと)
※評判記・やくしゃ雷(1694)市川団十郎「あらことじつ事しあい諸事やつし事」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すさび‐わざ【荒事】
〘名〙 心のおもむくままに慰みとしてする行為。慰みわざ。
※源氏(1001‐14頃)賢木「文作り、韻ふたぎなどやうの、すさびわざどもをもしなど、心をやりて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すさめ‐ごと【荒事】
〘名〙 心のおもむくままに慰み半分にすること。
※宇津保(970‐999頃)楼上上「いさや、なほすさめ事なり。今の一条西の対の君は、尋ね侍らん」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荒事」の用語解説はコトバンクが提供しています。

荒事の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.