Rakuten infoseek

辞書

荏胡麻【エゴマ】

デジタル大辞泉

え‐ごま【××胡麻】
シソ科の一年草。高さ60~90センチ。全体に白い毛があり、シソに似る。花は白色種子をしぼって荏(え)の油をとり、またゴマ代用にもする。東南アジア原産で、古くから栽培

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

えごま【荏胡麻】
シソ科の一年草。東南アジア原産。全体にシソによく似るがやや大振りで、白毛を密生する。秋、シソに似た穂を出し白い小花を開く。種子より「荏の油」をとる。え。 → 荏の油

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

荏胡麻 (エゴマ)
学名:Perilla frutescens var.frutescens
植物。シソ科の一年草,園芸植物,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

え‐ごま【荏胡麻】
〘名〙 シソ科の一年草。種(しゅ)としてはシソと同種。東南アジア原産で日本では畑に栽培され、また野生化もしている。全体に特有な匂いがある。茎は高さ八〇センチメートル内外の角柱形で白毛が生じる。葉は、長さ七~一二センチメートル、幅五~八センチメートルの卵円形で対生し、先がとがり縁に鋸歯(きょし)があって裏は淡紫色。夏、白い唇形の花が密生した穂を茎頂および葉腋(ようえき)から出す。果実は四つに分かれ小球形で油がとれ、これを荏の油といって昔は灯油用をはじめ防水用、印刷インキなど広範囲に用いられ栽培も多かった。漢名、荏。え。しろじそ。じゅうね。おおえのみ。えこ。〔農業全書(1697)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荏胡麻」の用語解説はコトバンクが提供しています。

荏胡麻の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.