Rakuten infoseek

辞書

草枕【くさまくら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

草枕
くさまくら
夏目漱石中編小説。1906年発表。「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される」と,人の世の住みにくさを嫌って非人情境地を追う青年画家と,才知あふれる女性との出会いを叙して,浪漫美の世界が見出されていく作品。作者の芸術観を提示した小説で,『坊つちやん』と並ぶ初期の代表作

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くさ‐まくら【草枕】
[名]《旅先で、草で仮に編んだ枕の意から》旅寝すること。旅先でのわびしい宿り。くさのまくら。
「衣うつ音を聞くにぞ知られぬる里遠からぬ―とは」〈千載・秋下〉
[枕]
「旅」「旅寝」および同音の「度(たび)」にかかる。
「―旅にしあれば」〈・一四二〉
《草の枕を「ゆふ」意から》「結ふ」および同音の「夕(ゆふ)」などにかかる。
「―夕風寒くなりにけり衣うつなる宿やからまし」〈新古今羇旅
地名の「多胡(たご)」にかかる。
「―多胡の入野の奥もかなしも」〈・三四〇三〉
[補説]3については、頭音が「旅」と同じ「た」であるところからとする説がある。書名別項。→草枕

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くさまくら【草枕】[書名]
夏目漱石の小説。明治39年(1906)発表。旅に出た青年画家を主人公に、非人情の境地を描く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

くさまくら【草枕】
( 名 )
〔草を束ねた仮の枕、の意から〕 旅。旅寝。くさのまくら。笹ささ枕。 「朝なけに見べき君とし頼まねば思ひ立ちぬる-かな/古今 離別
( 枕詞 )
「旅」「結う」と同音の「夕」などにかかる。 「家にあれば笥に盛る飯を-旅にしあれば椎の葉に盛る/万葉集 142

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くさまくら【草枕】
小説。夏目漱石作。1906年(明治39)発表。主人公の画工となぞめいた女性との交流を軸に、非人情の出世間的な芸術論を述べる。俳句的小説。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

草枕
くさまくら
夏目漱石(そうせき)の中編小説。1906年(明治39)9月『新小説』に発表、07年1月刊の短編集『鶉籠(うずらかご)』に収める。作者自身、「美を生命とする俳句的小説で……美しい感じが読者の頭に残りさへすればよい」(「余が『草枕』」)と説くように、ロマンチシズムの傾向を濃くとどめた初期の芸術観を具体化した作品。「智(ち)に働けば角(かど)が立つ。情に棹(さお)させば流される。意地(いじ)を通せば窮屈だ」との書き出しはとくに有名である。とかく住みにくい人の世の煩いを逃れ、芸術のための桃源郷を求めて熊本郊外の温泉を訪れた画工が、宿の美しい娘那美(なみ)の妖(あや)しい言動に驚かされるというのが発端。那美は出戻りで、不羈奔放(ふきほんぽう)な魅力に富む女性だが、彼女を画中の人にしようとする画工の苦心を通じて、人の世はものの「見様(みよう)」でどうにでもなる、俗塵(ぞくじん)を離れた心持ちになれる詩こそ真の芸術だという独自の文学観、いわゆる非人情の美学が語られる。しかし、この文学観はのちに作者によって否定された。[三好行雄]
『『草枕』(岩波文庫・旺文社文庫・講談社文庫・新潮文庫) ▽越智治雄著『漱石私論』(1971・角川書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くさ‐まくら【草枕】
[1]
(イ) 道の辺の草を枕にして寝る意で、「旅」にかかる。
※万葉(8C後)一七・三九二七「久佐麻久良(クサマクラ)旅行く君を幸(さき)くあれと斎瓮(いはひへ)据ゑつ我が床の辺に」
(ロ) (「枕」の語に、寝るということとのつながりを感ずるところからか) 「旅寝」にかかる。中古以降に多い用法。
※二度本金葉(1124‐25)秋「草まくらこの旅寝にぞ思ひ知る月より外の友無かりけり〈忠命〉」
(ハ) 「旅(たび)」と同音の「たび(度)」または、それを含む連語にかかる。
※後撰(951‐953頃)恋二・六九二「草枕このたび経つる年月の憂きはかへりて嬉しからなん〈よみ人しらず〉」
② 地名「多胡(たご)」にかかる。かかり方未詳。
※万葉(8C後)一四・三四〇三「吾が恋はまさかも愛(かな)し久佐麻久良(クサマクラ)多胡の入野(いりの)の奥も愛しも」
草の枕を「結ふ」意で、「結ふ」と同音の「ゆふ(夕)」を含む連語や地名「ゆふ山」などにかかる。この場合、旅をしている意を含む例が多い。
※新古今(1205)羇旅・九〇五「草枕夕風寒くなりにけり衣うつなる宿や借らまし〈紀貫之〉」
[2] 〘名〙 (枕詞から転じたものか)
① 草を編んで作った枕。旅先でのわびしい宿泊や仮の宿を暗示する。
※後撰(951‐953頃)羇旅・一三六四「草枕もみぢむしろに替へたらば心をくだくものならましや〈宇多天皇〉」
② 旅寝。また、旅。
(イ) わびしい旅寝。
※後拾遺(1086)羇旅・五三〇「さもこそは都のほかに宿りせめうたて露けき草まくらかな〈藤原隆家〉」
(ロ) わびしい旅。
※古今(905‐914)離別・三七六「朝なけに見べき君とし頼まねば思ひ立ちぬるくさまくらなり〈寵〉」
[3] 中編小説。夏目漱石作。明治三九年(一九〇六)発表。同四〇年刊。俗世間を逃れて旅に出た青年画家と温泉宿の出戻り娘との交渉を通して、現実を第三者的にながめる非人情の世界を展開。
[補注](一)②のかかり方については諸説ある。(イ)「たび(旅)」の「た」にかかるほうが古い用法で、これは、その古い用法とする説。(ロ)枕を「たく」(束ねる意)の意で「たご」の「た」にかかるとする説。(ハ)「旅」にかかる用法が転じたものとする説。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

草枕」の用語解説はコトバンクが提供しています。

草枕の関連情報

関連キーワード

児童雑誌ファリエールサンジカリズム鉄筋コンクリート構造ドゥーマ夏目漱石日本郵便制度史(年表)御免内閣総理大臣バン・デ・ベルデ

他サービスで検索

「草枕」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.