Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

草創【ソウソウ】

デジタル大辞泉

そう‐そう〔サウサウ〕【草創】
新しく物事を始めること。また、物事の始まり。「事業の草創に携わる」「草創期」
神社寺院などを初めて建てること。創建

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そう‐そう サウサウ【草創】
〘名〙 (「草」は粗略、「創」はできはじめの意)
① 物事のしはじめ。創始。創業。くさわけ。また、事業を起こしはじめること。
※続日本紀‐天平一四年(742)二月庚辰「詔以新京草創宮室未一レ成」
※太平記(14C後)一「草創(サウサウ)は一天を并(あらは)すと雖も」 〔漢書‐恩沢侯表〕
② 神社、寺院、塔堂などを初めて建立すること。創建。
※東寺文書‐れ・承和一二年(845)九月一〇日・民部省符案「東寺是桓武天皇草創、鎮護国家砌也」 〔源平盛衰記(14C前)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

草創」の用語解説はコトバンクが提供しています。

草創の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.