Rakuten infoseek

辞書

茶漬【ちゃづけ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

茶漬
ちゃづけ
に熱い湯や茶,出し汁を掛けて食べる食事。かつては多忙と粗食代名詞のようにいわれたが,今日ではたい茶漬,海苔茶漬などと称し,嗜好食として普及している。起源は奈良時代にまでさかのぼるといわれ,節米の手段として飯を薄めたが食され,さらに料理の手間を省くものとして普及したと伝えられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちゃ‐づけ【茶漬(け)】
飯に熱い茶をかけること。また、その飯。薄味のだし汁をかけることもある。
粗末な食事。また、簡単な食事。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちゃづけ【茶漬】
飯に茶をかけたもの。飯に水をかけて食べる水飯(すいはん)や湯をかけて食べる湯漬(ゆづけ)は古くから行われており,《源氏物語》その他の平安期の文学作品にもしばしば名が見られる。室町時代にはむやみに湯漬が愛好されたが,これは足利義政が酒に酔ったとき飯に湯をかけて食べたことから,世上一般に広まったなどといわれ,供宴においての湯漬の供し方や食べ方についての約束事さえ設けられる始末であった。茶漬が日常的なものになるのは,江戸時代になって煎茶が普及してからのことになる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ちゃ‐づけ【茶漬】
〘名〙
① 飯に熱い茶をかけること。また、そのもの。ちゃづ。茶漬飯
※俳諧・桃青門弟独吟廿歌仙(1680)嵐雪独吟「寝ほうけてやつれ果てたよ我が姿 茶づけばかりを喰ひにけらしも」
② 粗末な食事。また、簡単な食事をいう。
夜明け前(1932‐35)〈島崎藤村〉第一部「何もないが茶漬を一ぱい出すで、勝手口の方へ廻ってお呉れ」
③ 「ちゃづけや(茶漬屋)②」の略。
※洒落本・志羅川夜船(1789)素見高慢「ほんにあの茶漬のやぢをがひまちをして居るだらうよりなはるか」
④ 「ちゃづけめし(茶漬飯)③」の略。〔俚言集覧(1797頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちゃづ・る【茶漬】
〘自ラ五(四)〙 (「ちゃづけ(茶漬)」を動詞化した語) 茶漬飯を食べる。
※洒落本・遊子方言(1770)更の体「『これ新や、茶づらせろ』『何けづらせろとかへ』『これさ、そんなにしゃれずと、はやく持て来やな。のう色男、ちっくり茶づッてゐこじゃないか』」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

茶漬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

茶漬の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.