Rakuten infoseek

辞書

茶屋【チャヤ】

デジタル大辞泉

ちゃ‐や【茶屋】
茶を製造・販売する職業。また、その家。葉茶屋。
旅人などに茶菓を供し休息させる店。茶店(ちゃみせ)。「峠の茶屋
江戸時代、上方の遊里で、客に芸者・遊女を呼んで遊ばせた家。揚屋(あげや)より格が低かった。
江戸時代、江戸新吉原で、客を遊女屋などに案内することを業とした家。引手茶屋。
芝居茶屋」に同じ。
相撲茶屋」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

茶屋
 江戸時代の道沿いにあった庶民用の休憩場所です。「茶店[ちゃみせ]」とも言います。鯖山峠にもありました。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちゃや【茶屋】
客に茶を出して休息させる茶店(ちやみせ)から発展した各種の飲食遊興店をいう。江戸時代,旅行者を対象として道中筋に出現した茶店は,途中の休息所であったから,当初は宿場を離れた山中などに開店したが,しだいに宿はずれ(棒鼻(ぼうはな))にまで進出して,これを立場(たてば)茶屋と呼んだ。宿駅保護のために,立場での食事や宿泊は禁じられたが,力餅などの名物とともに酒やさかな(肴)を提供するようになり,やがて給仕女を置いて客をひく店もできた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちゃや【茶屋】
製茶を売る店。葉茶屋。茶舗。
旅人が立ち寄って休息する店。掛け茶屋。茶屋小屋。茶店ちやみせ。 「峠の-」
客に遊興・飲食をさせる店。水茶屋・引き手茶屋・色茶屋・芝居茶屋・相撲茶屋など。
庭園内に設けられた、掛け茶屋風の小さい建物。
「茶屋女」の略。 「其あとは間あいの女とて、-にもあらず、けいせいにでもなし/浮世草子・一代男 4
染め物屋。江戸初期、茶染めが主流だった頃の称。 → 紺屋

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

茶屋

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゃ‐や【茶屋】
〘名〙
① 製茶を販売する家。葉茶屋
② 茶室の一種。掛け茶屋風に造った茶室。
※看聞御記‐応永三〇年(1423)七月一五日「夜光台寺茶接待密密見物、若宮、宰相以下相伴、座敷餝〈茶屋〉」
③ 路傍で湯茶などを供して人を休息させる商売。また、その店。茶店。
※東寺百合文書‐を・応永一五年(1408)一一月二日・源次郎鎮守八幡宮宮仕職請文「一 宮仕部屋不置一服一銭〈南大門前〉茶具足等、并不茶屋煩等事」
※虎明本狂言・薩摩守(室町末‐近世初)「茶を一ふくたべたひ、さだめてかうまいったらば、茶やのなひ事は有まひほどに」
④ 上方の遊里で客が遊女・芸者を揚げて遊ぶ家。揚屋より格が低く、大夫(たゆう)をよぶことはできなかった。色茶屋。
※仮名草子・尤双紙(1632)上「あかき物のしなじな〈略〉茶屋のかかのまへだれ」
※浮世草子・好色一代男(1682)四「其跡は、あいの女とて、茶屋(チャヤ)にもあらず、けいせいにでもなし」
⑥ 江戸吉原で客を揚屋・遊女屋へ案内することを業とする家。引手茶屋。
※洒落本・風俗八色談(1756)四「遊女をだまして穽(はま)らせ、茶屋(チャヤ)を語て揚代をうけ合せ」
⑦ 劇場に付属して、観客の案内や幕間の休憩・食事などの世話をする所。芝居茶屋。
※談義本・根無草(1763‐69)前「芝居の内より茶屋の門々、それぞれのひいきの定紋付たる挑灯は星のごとく」
⑧ 大相撲の興行中、観客に酒食を提供したり、また相撲協会から一部の座席の売りさばきをまかされている組織。相撲茶屋のこと。
⑨ 客室があり、客の注文に応じて料理を食べさせる店。料理茶屋。
※黄表紙・高漫斉行脚日記(1776)上「なんと近日鶴が岡の茶屋で、一会もよほしたいもの」
⑩ 昔、茶色を多く染めたところから、染物屋のことをいう。後世には紺色を主として染めたので紺屋というようになった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

茶屋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

茶屋の関連情報

他サービスで検索

「茶屋」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.