Rakuten infoseek

辞書

茶壺【チャツボ】

デジタル大辞泉

ちゃ‐つぼ【茶×壺】
葉茶の貯蔵運搬に用いる陶製

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちゃつぼ【茶壺】[狂言]
狂言。詐欺師が、街道で寝ている男から茶壺を取ろうとして争っていると、その地の目代(もくだい)仲裁に入り、茶壺を持ち去る。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちゃつぼ【茶壺】
葉茶を貯蔵,運搬するための壺。茶の湯では,11月になると宇治の茶園から届けられた,その年の初夏に摘んだ新茶を詰めた茶壺の口封を切って葉茶を取り出し,ただちに茶臼(ひ)いて粉末にして,茶を喫する。この行事を〈口切(くちきり)の茶事〉と称してきわめて重要視されている。抹茶の場合,その年の新茶は,壺の中に入れ山頂の冷処において夏を越させるのがよいとされるが,これは茶壺にほどよい通気性があって葉茶の熟成を助けるものと考えられていたからである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ちゃつぼ【茶壺】
狂言の曲名雑狂言大蔵,和泉両流にある。栂尾(とがのお)で茶を買い求めてきた田舎者が,途中で立ち寄った知人の家で酒をふるまわれ,酔って街道筋に寝てしまう。そこへ通りかかったすっぱ(盗賊)が,田舎者の茶壺に目をつけ,担った片方に自分の肩を入れ,背中合せに横になる。目の覚めた田舎者が茶壺を取り返そうと争うところへ,所の目代(代官)が現れ,わけをたずねる。田舎者が茶の産地や商品明細について謡い舞いながら説明すると,すっぱも盗み聞きして同じように答える。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

食器・調理器具がわかる辞典

ちゃつぼ【茶壺】
葉茶を貯蔵したり、運搬したりするのに用いる陶製の壺。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

茶壺
ちゃつぼ
狂言の曲名。雑狂言。茶壺を背負い酔って登場した使いの者が、連尺(れんじゃく)(物を背負うのに用いる荷縄)の片方を外し、道端に寝込んでしまう。そこへ通りかかったすっぱ(詐欺師(さぎし)。シテ)が、その荷縄に肩を入れ、使いの者と背中合わせに横になる。目を覚ました2人が茶壺の所有を争っているところへ、当地の目代(もくだい)が仲裁に入りわけを聞く。使いの者が主人の命により京都栂尾(とがのお)へ茶を求めに行った帰りだと答えると、すっぱも立ち聞きして同様に述べる。次に、茶に添えた入れ日記(内容明細書)を問うと、使いの者が謡い舞いながら説明をすれば、すっぱも盗み見てそのとおりまねをする。そこで今度は2人いっしょに舞わせてみると、すっぱは使いの者を見ながらテンポも遅れがちに舞い納めるのがやっとのありさまである。ところが、目代は「論ずる物は中より取れ」という諺(ことわざ)があると、茶壺を持って逃げてしまう。2人が後を追い込んで終曲する。悪徳役人に対する風刺のきいた狂言だが、連舞(つれまい)におけるすっぱのまごつき方が見どころ。
 これを歌舞伎(かぶき)舞踊化したものに岡村柿紅(しこう)作『茶壺』があり、1921年(大正10)帝国劇場において7世坂東(ばんどう)三津五郎が初演した。[林 和利]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゃ‐つぼ【茶壺】
[1] 茶の葉を貯えたり、運搬したりするのに用いる陶製の壺。
※師守記‐暦応三年(1340)正月三日「今日家君召山臥、被進三献引出物茶壺杓洗以下有之」
※浄瑠璃・五十年忌歌念仏(1707)上「お夏様のお腹は茶つぼを抱いた様になる」
[2] 狂言。各流。海道筋で酔って寝ていた男の茶壺を悪人が盗もうとし、二人が争っていると、目代(もくだい)が来て裁こうとするがらちがあかず、裁きかねた目代が茶壺を取って逃げる。天正狂言本で「茶ぐり」。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

茶壺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

茶壺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.