Rakuten infoseek

辞書

茶の湯【ちゃのゆ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

茶の湯
ちゃのゆ
茶道」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちゃ‐の‐ゆ【茶の湯】
客を招き、抹茶をたてて楽しむこと。また、その作法や会合。→茶道
茶をたてるために沸かす湯。
「鑵子の弦の熱きにも煮ゆる―は面白や」〈虎明狂・通円

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

茶の湯
古典落語の演目のひとつ。「素人茶道」とも。三代目三遊亭金馬が得意とした。オチは考えオチ。主な登場人物は、旦那、小僧

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちゃのゆ【茶の湯】
喫茶を中心とする宴の芸能として発展した日本独特の生活文化。室町時代にその発生展開をみたときには〈数寄〉〈茶の湯〉などと呼ばれた。江戸時代初期に芸道意識が強まって〈数寄道〉〈茶道〉の語が生まれ,今日では〈茶の湯〉〈茶道〉が一般的である。両者はほぼ同義であるが,茶道には精神性や修行性がより強く響くので,近年は茶道のほうが広く使われている。茶道【熊倉 功夫

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちゃのゆ【茶の湯】
客を招き、茶をたてて楽しむ会。茶会。
茶道ちやどう」に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

茶の湯
ちゃのゆ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

茶の湯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

茶の湯の関連情報

他サービスで検索

「茶の湯」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.