Rakuten infoseek

辞書

茣蓙【ゴザ】

デジタル大辞泉

ご‐ざ【××蓙/×蓙】
《「御座むしろ」の略。また、御座に敷くむしろの意からという》藺草(いぐさ)の茎で編んだ敷物。うすべり。
[補説]「蓙」は国字

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

茣蓙
ござ
(い)で織った敷物で、薄縁(うすべり)ともよばれている。古くは莚(むしろ)ともいわれ、畳の一種であった。莚といえばいまでは藁(わら)莚をさしているが、古くは竹、菅(すげ)、藺、茅(かや)などで織ったものを莚ともいい、畳は莚や茣蓙の総称で、人が座るときだけ敷いて普段は巻いておいた。茣蓙は『枕草子(まくらのそうし)』に「御座といふ畳のさまにて高麗(こうらい)など、いと清らなり」とあるように御座とも書き、これが茣蓙の本意とも考えられる。つまり、高麗縁(べり)などの裂地(きれじ)をつけ、貴人が座る所に敷いたので御座の名がついたといわれている。
 現在使われている茣蓙は、経(たて)に綿糸を使い、それに藺を緯(よこ)にして織ったもので、四辺に綿、麻、あるいは麻と綿の交ぜ織りの縁(へり)をつけている。縁はつけないこともある。大きさには畳(たたみ)1畳(じょう)大のものから、4畳半、6畳、8畳大などがあり、良質なものは引通しといって1本の藺を緯全幅に通し、織り方が密で厚みがある。茣蓙は無模様のものをいうが、これの一種に花茣蓙といって模様を織り込んだものもある。また、茣蓙は畳表を利用してつくることもある。畳替えをしたときに、古い畳のうちから比較的状態のよい畳表を使って畳屋につくらせ、これは作業時の敷物に利用したりする。畳表は茣蓙と製法は変わらないが、これは経に麻糸を使い、織りの目幅が茣蓙より長い。茣蓙の主産地は広島、岡山、福岡、大分県などで、岡山県都窪(つくぼ)郡には茣蓙織り唄(うた)が伝えられている。なお、茣蓙を利用してつくるものとしては着茣蓙、茣蓙帽子などがある。着茣蓙は1畳大の茣蓙を横に二つ折りにし、間に油紙を挟んだもので、田植や水田の除草時に着用した。茣蓙帽子は東北、北陸地方で子供が降雪時に頭にかぶったもの。[小川直之]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

茣蓙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

茣蓙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.