Rakuten infoseek

辞書

茜さす【アカネサス】

デジタル大辞泉

あかね‐さす【×茜さす】
[枕]茜色に鮮やかに照り映える意から、「日」「昼」「紫」「君」などにかかる。
「―日は照らせれど」〈・一六九〉
「―紫野行き標野(しめの)行き」〈・二〇〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

あかねさす【茜さす】
枕詞
茜色に照り映える意から、「日」「昼」「照る」にかかる。 -日は照らせれど/万葉集 169
紫(古代紫)は赤みを帯びていることから、「紫」にかかる。 -紫野行き標野しめの行き/万葉集 20
照り映えて美しいの意で、「君」にかかる。 -君が心し忘れかねつも/万葉集 3857

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あかね‐さ・す【茜さす】
[1] 〘連語〙 茜色がさす。赤く照り映える。
※金葉(1124‐27)連歌・六四四「日の入るは紅(くれなゐ)にこそ似たりけれ〈観暹〉 あかねさすとも思ひけるかな〈平為成〉」
[2]
① 赤い色がさして光り輝く意から、「日」「昼」「光」「朝日」等にかかる。
※万葉(8C後)二・一六九「茜刺(あかねさす)日は照らせれどぬばたまの夜渡る月の隠らく惜しも」
※源氏(1001‐14頃)行幸「あかねさす光は空にくもらぬをなどてみ雪に目をきらしけむ」
② 紫色、蘇芳(すおう)色との色彩としての類似から、それぞれ同音の「紫草(むらさき)」および地名「周防(すおう)」にかかる。
※万葉(8C後)一・二〇「茜草指(あかねさす)紫野行き標野(しめの)行き野守は見ずや君が袖振る」
③ 顔が赤く照り輝いている意で、「君」にかかる。紅顔、紅頬(こうきょう)の意のほめことば。一説に、赤心、すなわち真心のある意でかかるという。
※万葉(8C後)一六・三八五七「飯(いひ)(は)めどうまくもあらず行き行けど安くもあらず赤根佐須(あかねサス)君が情し忘れかねつも」
[3] 〘名〙 日の出をいう女房詞。〔女中言葉(1712)〕
[語誌](1)茜(あかね)(=赤根)は赤色の染料に用いたことから色名となり、そのような色になることから「日」「昼」にかかる枕詞になったものと思われる。
(2)(二)③に挙げた「万葉‐三八五七」の例は光り輝く意から、美しい君にかけたものといわれ、(二)②に挙げた「万葉‐二〇」の例は、普通紫が赤みを帯びている、などの意で、「紫」の枕詞とされているが、あるいは、これも日に照って光り輝いている意から、「紫野」にかけたのではないかとも考えられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

茜さす」の用語解説はコトバンクが提供しています。

茜さすの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.