Rakuten infoseek

辞書

茂木【もぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

茂木
もぎ
長崎県南部,長崎市の中部の旧町域。橘湾 (千々石湾) に面する。 1962年長崎市に編入茂木びわの特産地として知られるが,近年はミカン園が増加。茂木漁港は沿岸一本釣り漁業の基地で,生簀料理店が多く,長崎市郊外の高級料飲街をなす。天草下島富岡港 (熊本県苓北町) との間に定期航路がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

茂木
長崎県、鹿児島県香川県などで多く生産されるビワ。果実の大きさは30~40グラム程度、果皮橙色肉質はやわらかく甘味が強く、酸味は少なく食味良好。国産ビワの主要品種で、江戸時代に中国からもたらされたといわれる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

もてぎ【茂木】
栃木県南東部、芳賀はが郡の町。那賀川中流と支流の逆川流域で、葉タバコを栽培。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔長崎県〕茂木(もぎ)

長崎市南東部の港町。橘(たちばな)湾(千々石(ちぢわ)湾)に面する。「茂木ビワ」で知られるビワの産地で、出荷量は全国一を誇る。底引き網・延縄(はえなわ)漁が行われる。天草下(あまくさしも)島北西部の苓北(れいほく)町の富岡(とみおか)港へのフェリー便が発着する。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

茂木
もぎ
長崎市南東部の一地区。旧茂木町。長崎の中心市街地へは田上(たがみ)峠を経て、茂木街道を通ずる。橘(たちばな)湾に面し、天草(あまくさ)の富岡(とみおか)港へはフェリーを通ずる。半農半漁の地区で、ビワの出荷量は全国第1位で、茂木ビワの名で知られる。原木碑によれば、約150年前、中国南部から伝わった種子を地元の女性三浦シオ(1818―1897)が育てたという。[石井泰義]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

茂木」の用語解説はコトバンクが提供しています。

茂木の関連情報

他サービスで検索

「茂木」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.