Rakuten infoseek

辞書

英虞【あご】

日本大百科全書(ニッポニカ)

英虞
あご
三重県志摩(しま)地方の古い郡名。1896年(明治29)まで現在の志摩市阿児(あご)町、大王町、志摩町、浜島町の範囲が英虞郡とよばれていたが、同年答志(とうし)郡と合併、志摩郡となって消滅。現在は志摩市の阿児町、英虞湾にその名をとどめる。地名の起源は古く、『日本書紀』に、持統(じとう)天皇の伊勢(いせ)行幸に際して「阿胡行宮(あごのかりみや)」が営まれたとあり、『万葉集』にはこのとき、都に留まった柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)の詠んだ歌として「阿胡の浦に船乗りすらむをとめらが玉裳(たまも)の裾に潮満つらむか」がある。しかしこの阿胡が現在のどこかは不詳で、鳥羽(とば)付近とする説が有力である。英虞郡は古くは佐芸(さき)郡とよばれたが、平城宮出土木簡には英虞郡と記されている。改称の年も明らかでないが、阿胡宮にちなんで改められたものであろう。[伊藤達雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

英虞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

英虞の関連情報

関連キーワード

国際労働条約牛車霊帝[後漢]エレウテリウス献帝国際労働機関司法警察諸子百家支婁迦讖捜査

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.