Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

苦笑【クショウ】

デジタル大辞泉

く‐しょう〔‐セウ〕【苦笑】
[名](スル)他人または自分の行動やおかれた状況の愚かしさ・こっけいさに、不快感やとまどいの気持ちをもちながら、しかたなく笑うこと。にが笑い。「苦笑をもらす」「相手の詭弁(きべん)に苦笑する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

く‐しょう ‥セウ【苦笑】
〘名〙 おもしろくてではなく、仕方なくする笑い。返答にとまどったり、不愉快に思っても表面に出せない時などに思わずする笑い。にがわらい。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉一「呵々然として苦笑(〈注〉イヤナワラヒ)し、陰悪の相忽ち面に現はる」
※明暗(1916)〈夏目漱石〉一「津田の顔には苦笑(クセウ)の裡(うち)に淡く盛り上げられた失望の色が見えた」
[補注]明治初期に「にがわらい」の漢字表記「苦笑」を音読みして成立したものか。または、英語 bitter smile の直訳か。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にがり‐わら・う ‥わらふ【苦笑】
〘自ハ四〙 =にがわらう(苦笑)
※源平盛衰記(14C前)三四「人に打たれ給たるか、又はられ給けるかと問ければ、判官苦笑(ニガリわらフ)てぞ帰ける」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にが‐わらい ‥わらひ【苦笑】
〘名〙 にがにがしく思いながら笑うこと。また、笑いたくもないのに、しいて笑うこと。くしょう。
※中院本平家(13C前)三「うへには事なきやうなれども、したには心ようじんつねにして、にがわらいにのみぞおはしける」
※義経記(室町中か)五「今日の命生きて、御前ににがわらひしてぞ出来ける」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にが‐わら・う ‥わらふ【苦笑】
〘自ハ四〙 にがにがしい思いで笑う。くしょうする。にがりわらう。
※平家(13C前)三「うへには事なき様なれ共、下には用心して、にがわらひてのみぞありける」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

苦笑」の用語解説はコトバンクが提供しています。

苦笑の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.