Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

苦汁【クジュウ】

デジタル大辞泉

く‐じゅう〔‐ジフ〕【苦汁】
にがい汁。
つらい経験。「苦汁を飲まされる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にがり【苦汁/滷汁】
海水から食塩析出させたあとの残液。苦みがあり、主成分塩化マグネシウム豆腐凝固剤などに使用。苦塩(にがしお)。くじゅう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にがり【苦汁 bittern】
海水または鹹水(かんすい)を濃縮して塩を採取した残りの比重1.3程度の粘稠(ねんちゆう)な溶液。主成分は塩化マグネシウムで,独特な刺激のあるみを有する。にがりは豆腐の凝固剤として古くから使用され,安政(1854‐60)のころからボウ硝(硫酸ナトリウムの10水塩)の製造も行われてきた。しかし,にがり工業と名付けられる形態を整えたのは,明治の末ごろで,まず炭酸マグネシウムの製造が始まった。続いて第1次世界大戦後のカリ塩欠乏により1915年ごろからカリの採取が始まった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

く‐じゅう ‥ジフ【苦汁】
〘名〙
① にがい汁。
② (転じて) にがい経験。くるしみ。
※日本文化論のあり方(1956)〈桑原武夫〉「戦争の苦汁(クジュウ)を毛穴のすべてから感じとった」
③ 海水を煮つめて製塩した後に残る母液。にがり。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

苦汁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

苦汁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.