Rakuten infoseek

辞書

苦楽【クラク】

デジタル大辞泉

くらく【苦楽】[書名]
日本の文芸誌。昭和21年(1946)11月、大仏次郎が主宰して創刊。米国向けの海外版7冊を含む全45冊を刊行し、昭和24年(1949)9月に終刊

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

く‐らく【苦楽】
苦しみと楽しみ。「苦楽を共にする」
[補説]書名別項。→苦楽

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

くらく【苦楽】
苦しみと楽しみ。苦しいことと楽しいこと。 -をともにする

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

く‐らく【苦楽】
〘名〙 苦しみと楽しみ。
※続日本紀‐神護景雲二年(768)三月「率土黎庶、苦楽不同」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)続「彼は夫、是は妻と、只一夜さの契(ちぎり)を結びて、百年(ももとせ)の苦楽を共にせんこと」 〔史記‐越世家〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

苦楽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

苦楽の関連情報

関連キーワード

キング・クリムゾンマキノ雅広イタリア映画新藤兼人新日本文学生活保護戦争放棄トルンカホログラフィック・アートマンキウィッツ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.