Rakuten infoseek

辞書

苦手【ニガテ】

デジタル大辞泉

にが‐て【苦手】
[名・形動]
扱いにくく、いやな相手。なかなか勝てなくて、いやな相手。また、そのようなさま。「あいつはどうも苦手だ」
得意でないこと。また、そのさま。不得手。「数学の苦手な人」
不思議な力をもつ手。その手で押さえると、腹の痛みはおさまり、蛇は動けなくなって捕らえられるなどという。
天性―といふものにて、小児の虫つかへをさするに妙を得て」〈浮・娘気質・三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

にがて【苦手】
扱いにくい相手。そりが合わない相手。 あの人はどうも-だ
得意でないこと。不得手。 -な科目
爪がにがく、手に毒があるという手。不思議な力があり、その手でおさえると腹の痛みが消えるなどという。 私の-薬なりと夜明がた迄さすりける程に/浮世草子・一代女 2

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にが‐て【苦手】
〘名〙
① (「にがで」とも) 常人と異なり、不思議な力を持つ手。その手で押えると人は腹痛が治まり、ヘビは動けずに捕えられるなどという。
※俳諧・底抜磨(1646)上「をさあひ(幼児)の腹をさするは苦手にて」
浮世草子・世間娘容気(1717)三「天性苦手(ニガデ)といふものにて、小児の虫痞(むしつかへ)をさするに妙を得て」
② 自分と気が合わず、好ましくない相手。転じて、自分にとって得意でないもの。不得手。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一〇「其外苦手は色色ある」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

苦手」の用語解説はコトバンクが提供しています。

苦手の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.