Rakuten infoseek

辞書

苦情処理【くじょうしょり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

苦情処理
くじょうしょり
(1) 行政機関の業務に対する国民の不平不満に関し,その申立てを受理し,その解決のために斡旋勧告などの措置をとること。行政上の不服申立てや行政訴訟に比べて,簡易迅速な手続で国民の苦情が解決されうる点などに特色がある。法令で設置されている苦情処理機関としては総務省,行政相談委員,法務省人権擁護局,人権擁護委員,地方公共団体の市民相談室,市政相談室などがある (→オンブズマン ) 。 (2) 労働条件に関する労働者の日常の不平不満,および労働協約就業規則解釈適用に関する苦情を,団体交渉争議行為を行なったり,裁判所に訴えたりすることなく,労使で自主的に設けた機関において迅速かつ平和的に処理しようという制度。この処理機関は労働協約により設けられることが多い。苦情処理制度はアメリカの労働協約において特に広く普及しており,仲裁制度と相まって協約期間中の労使関係の安定をもたらしている。日本でも相当数の協約に苦情処理制度が規定されており,また国営企業労働関係法 12条および地方公営企業労働関係法 13条では,この制度の設置を義務づけている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くじょう‐しょり〔クジヤウ‐〕【苦情処理】
苦情を受け付け、それに対して措置をとること。「消費者の苦情処理

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くじょうしょり【苦情処理】
労働用語。労使関係の円滑化のために,職場における労働条件や作業条件に関する従業員の不平,不満を解決すること。就業規則や労働協約の解釈・適用としてなされることが多い。日常頻繁におこる個人的苦情について,いちいち団体交渉や裁判所において解決することは必ずしも適切ではないので,迅速かつ柔軟な苦情処理のために特別の機関が設置されているケースが多い。その構成は,労使双方の委員から成る委員会方式が一般的であるが,使用者決定型や第三者裁定型もある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

くじょうしょり【苦情処理】
他から寄せられた苦情に対処すること。 ユーザーの-に当たる
労使間において、賃金・労働条件などに関する労働者の個別的な苦情を労働協約に基づいて処理すること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くじょう‐しょり クジャウ‥【苦情処理】
〘名〙
① 申し出のあった苦情を受け付け、その苦情を解決すること。
② 職場における労働者の個人的な不平不満や、労働協約の解釈ないし適用について起こる労使間の紛争を合理的、平和的に解決すること。紛争処理

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

苦情処理」の用語解説はコトバンクが提供しています。

苦情処理の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.