Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

苦寒【クカン】

デジタル大辞泉

く‐かん【苦寒】
非常に厳しい寒さ。また、厳しい寒さに苦しむこと。
ひどい貧乏のために苦しむこと。貧苦。
「飢渇―常に妾が身に迫る」〈織田訳・花柳春話
陰暦12月の異称。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

く‐かん【苦寒】
〘名〙
① きびしい寒さ。酷寒。また、寒さに苦しむこと。
※文華秀麗集(818)下・奉和代神泉古松傷衰歌〈仲雄王〉「孤松盤屈薜蘿枝。貞節苦寒霜雪知」 〔陸機‐苦寒行〕
② 貧しさに悩むこと。貧苦。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉四「飢渇苦寒(クカン)常に妾が身に迫まる」
③ (最も寒い時節の意から) 陰暦一二月の異称。〔俳諧・新季寄(1802)〕〔李華‐弔古戦場文〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

苦寒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

苦寒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.