Rakuten infoseek

辞書

苦労【クロウ】

デジタル大辞泉

く‐ろう〔‐ラウ〕【苦労】
[名](スル)
精神的、肉体的に力を尽くし、苦しい思いをすること。「苦労が絶えない」「苦労を共にする」「苦労の種」「苦労して育てた子供」
(多く「ごくろう」の形で)人に世話をかけたり、厄介になったりすること。「ご苦労をかける」「ご苦労さま」→御苦労(ごくろう)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

くろう【苦労】
( 名 ) スル
物事がうまくいくように、精神的・肉体的に励むこと。逆境にあって、つらいめにあいながら努力すること。また、あれこれと苦しい思いをすること。労苦。 「親に-をかける」 「 -しただけあって人情の機微に通じている」 「大島田に、埃ほこりがかかるを-にして/当世書生気質 逍遥」 → 御苦労労苦(補説欄)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

く‐ろう ‥ラウ【苦労】
〘名〙 (形動)
① (━する) 仕事、生活、心配ごとなどのために肉体や精神を使って、疲れたり、苦しい思いをしたりすること。また、そのさま。心配やほねおり。労苦
※運歩色葉(1548)「苦労」
※足利本論語抄(16C)季氏第一六「苦労して天道を学び知る者は中賢の以下上賢の次ぞ」
② (多く「ごくろう」の形で) 人に、せわをかけること。やっかいになること。また、そのさま。せわ。
浄瑠璃・鳥羽恋塚物語(1681頃か)四「又ぞや参り御くらうに罷成申べし、もはやおいとま申さん」
[語誌]字順の異なる「労苦」は、「苦労」よりも古く平安時代前期の「田氏家集‐上」に既に見られるが、中世では、「苦労」の方が一般的であった。近世初期の仮名草子にも両者が使われているが、「労苦」が地の文に、「苦労」は会話文に使用されている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

苦労」の用語解説はコトバンクが提供しています。

苦労の関連情報

他サービスで検索

「苦労」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.