Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

苦み【ニガミ】

デジタル大辞泉

にが‐み【苦み/苦味】
苦いこと。苦い味。苦い度合い。「―の強いコーヒー」
不愉快な心持ち。つらい心情。
「万の感情はさらりと消えて、唯―のみ残りしなり」〈蘆花不如帰
渋さを含んでひきしまった感じのすること。男性の顔つきにいう。「―のきいた、渋い二枚目」
[補説]「味」は当て字

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くるし‐み【苦み】
(形容詞「くるしい」の語幹に「み」の付いたもの。→) 苦しいので。苦しいから。
※万葉(8C後)一〇・二〇〇六「彦星は嘆かす妻に言だにも告げにぞ来つる見れば苦彌(くるしミ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

苦み

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

苦み」の用語解説はコトバンクが提供しています。

苦みの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.