Rakuten infoseek

辞書

若松賤子【わかまつしずこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

若松賤子
わかまつしずこ
[生]元治1(1864).3.1. 岩代若松
[没]1896.2.10.
小説家,翻訳家。本名,巌本甲子 (かし) 。 1882年横浜フェリス女学校高等科卒業。同校の英語教師となり,紀行文『旧き都のつと』 (1886) などを発表。『女学雑誌』を主宰した巌本善治と結婚 (89) 。創作『お向ふの離れ』 (89) ,翻案小説『イノック・アーデン物語』 (90) ,『小公子』 (90~92) などに才筆を示した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

わかまつ‐しずこ〔‐しづこ〕【若松賤子】
[1864~1896]翻訳家。福島の生まれ。本名、松川甲子(まつかわかし)。巌本善治の妻。バーネットの「小公子」の翻訳で知られる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

若松賤子 わかまつ-しずこ
1864-1896 明治時代の翻訳家,作家。
元治(げんじ)元年3月1日生まれ。母校フェリス女学校の教師をつとめ,明治22年巌本善治(いわもと-よしはる)と結婚して明治女学校の経営に協力。また児童文学の創作と翻訳をおこない,口語体の名訳をのこした。明治29年2月10日死去。33歳。陸奥(むつ)会津若松(福島県)出身。旧名は松川甲子(かし)。本名は巌本嘉志子。通称は島田嘉志。訳書にバーネット「小公子」など。
【格言など】この白きベールをとりて,とくと我をみたまえ(「新婦,花郎に送る」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

わかまつしずこ【若松賤子】
1864‐96(元治1‐明治29)
明治期の翻訳家。本名松川甲子(かし)。通称島田嘉志(かし)。会津(現,会津若松市)の生れ。幼時に親を失って横浜の大川家の養女となり,外人宣教師の訓育下に1882年フェリス女学校高等科を卒業。89年明治女学校の巌本善治と結婚して母校の教師をやめたが,病気がちの暇をぬすんで《女学雑誌》に創作や翻訳,またキリスト教精神による教育的随筆を数多く発表。翻案小説《忘れ形見》(1890),テニソンの物語詩の翻訳《イナック・アーデン物語》(1890),90年から92年には《小公子》(バーネット原作)の翻訳など,いずれも子供の姿態を清新な口語体でとらえ,彼女の仕事の頂点を示している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

若松賤子
わかまつしずこ
(1864―1896)
翻訳家。陸奥国(福島県)会津若松生まれ。本名松川甲子(かし)。横浜のフェリス女学校高等科卒業。ただちに母校の英語教師となった。1886年(明治19)紀行文『旧(ふる)き都のつと』『木村とう子を弔ふ英詩』、訳詩などを若松賤の筆名で『女学雑誌』に発表。89年巌本善治(いわもとよしはる)と結婚。翻案小説『忘れ形見』(1890)や『いなッく、あーでん物語』(1890)、『小公子』(1890~92)などの名訳を残し、キリスト教精神に貫かれた一生を送った。没後に英文遺稿集『In Memory of Mrs. KASHI IWAMOTO』(1897ころ)、遺稿集『忘れかたみ』(1903)が刊行された。[橋詰静子]
『鈴木二三雄「若松賤子と女学雑誌」(『フェリス論叢』1960.10・フェリス女学院短期大学) ▽若松賤子・刊行委員会編『若松賤子――不滅の生涯』(1977・共栄社出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

わかまつ‐しずこ【若松賤子】
翻訳家。岩代国(福島県)会津の人。本名松川甲子(かし)。通称島田嘉志。巖本善治の妻。フェリス女学校卒。「小公子」の翻訳で知られた。元治元~明治二九年(一八六四‐九六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

若松賤子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

若松賤子の関連情報

関連キーワード

元治エンゲルスワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)太平天国ペドロ[2世]明治維新ロダンエリオットノーマン長坂クララ

他サービスで検索

「若松賤子」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.