Rakuten infoseek

辞書

苞豆腐【ツトドウフ】

デジタル大辞泉

つと‐どうふ【×苞豆腐】
豆腐の水分を絞ってくずし、わらなどのに入れ、ゆでるか蒸すかして固めたもの。醤油味で、またうま煮にして食べる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典

つとどうふ【苞豆腐】
豆腐をわらや巻きすなどで包んですが入るまでゆでたり蒸したりしたもの。そのまましょうゆをつけて食べることもあるが、煮物や汁物に用いることが多い。すが入っているので味がよくなじむ。細かく切った野菜などを混ぜて作ることもある。福島・会津地方、茨城、愛媛などで作られる。◇同様のものに、岐阜・飛騨地方、愛知、鳥取・倉吉地方などで作られる「こも豆腐」がある。茨城のものは「こも豆腐」、愛媛のものは「すまき豆腐」ともいう。⇒こも豆腐

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

つとどうふ【苞豆腐】
水分を絞ってすりつぶした豆腐を棒状にして藁苞わらづとなどに入れ、固くしめて蒸したもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の郷土料理がわかる辞典

つとどうふ【苞豆腐】

豆腐をわらや巻きすなどで包んですが入るまでゆでたり蒸したりしたもの。そのまましょうゆをつけて食べることもあるが、煮物や汁物に用いることが多い。すが入っているので味がよくなじむ。細かく切った野菜などを混ぜて作ることもある。福島県会津地方、茨城、愛媛などで作られる。◇同様のものに、岐阜県飛騨地方、愛知、鳥取県倉吉地方などで作られる「こも豆腐」がある。茨城のものは「こも豆腐」、愛媛のものは「すまき豆腐」ともいう。⇒こも豆腐

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つと‐どうふ【苞豆腐】
〘名〙 豆腐の一種。水分をよくしぼってすりつぶし、棒状にして藁苞などに入れ、堅く締めて蒸したもの。
※歌舞伎・隅田川花御所染(1814)序幕「煮染(にしめ)といふもお定まり苞豆腐(ツトドウフ)に芋と蒟蒻」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

苞豆腐」の用語解説はコトバンクが提供しています。

苞豆腐の関連情報

他サービスで検索

「苞豆腐」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.