Rakuten infoseek

辞書

芸妓【ゲイギ】

デジタル大辞泉

げい‐ぎ【芸×妓】
歌舞や音曲などで、酒宴の座にを添えることを業とする女性。芸者芸子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

芸妓
歌や三味線舞踊など、芸の習得に厳しい稽古を積み、酒宴で披露して客をもてなす女性。遊女とは一線を画す。地域によって呼び名が異なり、京都では「芸(げいこ)」(見習い舞妓〈まいこ〉)、関東では「芸者」と呼ばれる。
(2014-09-20 朝日新聞 朝刊 石川全県 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

世界大百科事典 第2版

げいぎ【芸妓】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

げい‐ぎ【芸妓】
〘名〙 酒宴の間をとりもち、歌舞・音曲などによって酒興を添えるのを業とする女。芸者。芸子。
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉初「芸妓の一纏頭を以て世界の新事を知る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芸妓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

芸妓の関連情報

他サービスで検索

「芸妓」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.