Rakuten infoseek

辞書

芸予諸島【げいよしょとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

芸予諸島
げいよしょとう
瀬戸内海の中西部,広島県と愛媛県にはさまれた島群。東端はおよそ鞆-今治を結ぶ線,西端は能美倉橋島で限られる。因島生口島大三島大崎上島などが主でミカンなど柑橘類栽培が盛ん。本州四国連絡橋 (尾道-今治ルート) の一部,因島大橋,生口橋,大三島橋が完成し西瀬戸自動車道が通り,いくつかの島が陸路で結ばれて島の隔絶性は少くなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げいよ‐しょとう〔‐シヨタウ〕【芸予諸島】
瀬戸内海中央部の諸島。広島(安芸)・愛媛(伊予)両県にまたがり、大島大三島(おおみしま)生口島(いくちじま)因島(いんのしま)などがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げいよしょとう【芸予諸島】
安芸国(広島県西部)と伊予国(愛媛県)との間に密集する瀬戸内海中部の島々の総称。以前は芸予叢島(げいよそうとう)と呼ばれていた。芸予諸島の範囲には混乱があり,かつては尾道~今治間の生口(いくち)島大三島,大島などを漠然と指し,安芸国からはずれた備後国の向島因島も含んでいた。芸予諸島といいかえてからは,旧芸予叢島の範囲に加えてその西に続く上下の蒲刈(かまがり)島や倉橋島江田島をも含めるようになり,以前より広義となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

芸予諸島
げいよしょとう
瀬戸内海西部の島群で、安芸(あき)(広島県)と伊予(愛媛県)の間にある島々を称する。ただし広島湾口にある江田島(えたじま)、能美(のうみ)島、倉橋(くらはし)島は含めない。おもな島は、広島県の下蒲刈(しもかまがり)島、上蒲刈島、豊(とよ)島、大崎上(おおさきかみ)島、大崎下島、生口(いくち)島、高根(こうね)島、佐木(さぎ)島、因(いんの)島、向(むかい)島、大久野(おおくの)島など、愛媛県の岡村島、大三(おおみ)島、伯方(はかた)島、大島、岩城(いわぎ)島、生名(いきな)島、佐(さ)島、弓削(ゆげ)島などである。これらの諸島のうち東半は本州四国連絡橋の一つである今治(いまばり)―尾道(おのみち)ルートにあたる。大半の島々ではミカンなど柑橘(かんきつ)類の栽培が盛んで、ほかに造船業、漁業などが行われる。[北川建次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げいよ‐しょとう ‥ショタウ【芸予諸島】
瀬戸内海中部、燧灘(ひうちなだ)、備後灘と安芸灘との間に散在する諸島。旧安芸国(広島県)、伊予国(愛媛県)にまたがるので、その名がある。向島、因島、生口(いくち)島、大三(おおみ)島などを含み、本四連絡橋の一つ、尾道‐今治ルートが島々を結んで通じる。古来、航海の要所。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芸予諸島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

芸予諸島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.