Rakuten infoseek

辞書

花車【カシャ】

デジタル大辞泉

か‐しゃ〔クワ‐〕【花車】
(「火車」「香車」とも書く)遊女を監督・指揮する女。やり手ばばあ。
「其次の御客は酒飲ませて…舞い玉うものと左(さ)る―めが申せしよし」〈露伴・辻浄瑠璃
遊女屋揚屋茶屋などの女主人。
花車方」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はな‐ぐるま【花車】
花で飾った車。
花を積んだ車。また、花見の車とも。
「柳桜をこきまぜて、錦を飾る―」〈謡・右近

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はなぐるま【花車】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はなぐるま【花車】
花で飾った車。
花を積んだ車。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はな‐ぐるま【花車】
〘名〙
① 花を積んだ車。花で飾った車。また、花見の車。《季・春》
※光悦本謡曲・野宮(1470頃)「野宮の、秋の千種の花車」
② 生花(いけばな)で、牛車を模した、竹で編んだ小さい花器。
※歌舞伎・曾我綉侠御所染(御所五郎蔵)(1864)四幕「下手に文車、蒔絵の鏡台、ほかに四季の花を入れし花車」
③ 紋所の名。車の輪に桜、山吹などの花をあしらって図案化したもの。
※浮世草子・本朝桜陰比事(1689)四「百性のめしつかひ者らしきもの花車の紋灯挑をともして私宅へ嘇を乞」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

花車
〔長唄〕
はなぐるま
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
嘉永1.5(江戸・中村座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

花車
(通称)
はなぐるま
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
岩井扇
初演
寛政4.11(江戸・河原崎座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

花車」の用語解説はコトバンクが提供しています。

花車の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.