Rakuten infoseek

辞書

花柳春話【かりゅうしゅんわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

花柳春話
かりゅうしゅんわ
明治初期の代表的な翻訳小説。 1878~79年刊。イギリスの政治家 E.G.リットン卿の小説『アーネスト・マルトラバーズ』とその続編『アリス』を丹羽 (織田) 純一郎が抄訳したもの。上流階級出身の主人公アーネストと庶民の家に生れた女主人公アリスが相思間柄となり,多くの障害を乗越え,試練にうちかったのち,めでたく結ばれるという筋で,ゲーテの『ウィルヘルム・マイスター』の流れをくむ一種の教養小説である。原作は特に傑作というほどのものでなく,訳文も当時流行の漢文直訳体だが,西洋小説の最初の本格的な翻訳紹介として清新な感動を与え,大いに世に迎えられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かりゅうしゅんわ〔クワリウシユンワ〕【花柳春話】
織田純一郎の翻訳小説。明治11年(1878)刊。英国の作家リットンの「アーネスト=マルトラバーズ」(1837年作)とその続編を原作とする。富裕層の年アーネストが、さまざまな困難を乗り越えて愛する女性と結ばれるまでを描く。欧州奇事花柳春話。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かりゅうしゅんわ【花柳春話】
小説。織田純一郎訳。1878(明治11)~79年刊。リットンの「アーネスト=マルトラバース」と「アリス」を合わせて翻訳したもの。才子佳人の恋愛を漢文訓読体で描いて、のちの政治小説などに影響を与えた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

花柳春話」の用語解説はコトバンクが提供しています。

花柳春話の関連情報

関連キーワード

チャイコフスキーおもなお雇い外国人エジソン(アメリカの発明家)チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)東京(都)エアトン残存主権自由民権メンデンホール

他サービスで検索

「花柳春話」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.