Rakuten infoseek

辞書

花咲蟹【ハナサキガニ】

デジタル大辞泉

はなさき‐がに【花咲×蟹】
タラバガニ科のヤドカリ。甲幅約12センチで暗赤紫色。体表のとげは大きく、歩脚は太く短い。北海道以北に分布し、花咲半島根室半島近海に多い。食用 秋》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

はなさきがに【花咲蟹】
海産のヤドカリの一種。タラバガニの近縁。甲長・甲幅とも約15センチメートルで、暗赤紫色。食用。北海道以北に分布し、根室半島(花咲半島)近海に多い。 [季] 冬。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

花咲蟹 (ハナサキガニ)
学名:Paralithodes brevipes
動物。タラバガニ科の甲殻類

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

花咲蟹[水産]
はなさきがに
北海道地方、北海道の地域ブランド。
主に根室市で水揚げされている。根室を中心とした北海道東部で獲れるタラバガニ科の蟹として有名。漁は7月〜9月頃までおこなわれ、秋が旬。ゆでたての色は赤く、花が咲くようだからというのが名前の由来の一つとされる。通称「ふんどし」と呼ばれる腹部の肉が一番美味であるという。他にも、カニの卵の中子や、外に出ている卵の外子は高級珍味。9月上旬には根室港で、かに祭りが開催される。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

花咲蟹」の用語解説はコトバンクが提供しています。

花咲蟹の関連情報

他サービスで検索

「花咲蟹」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.