Rakuten infoseek

辞書

花卉【かき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

花卉
かき
flowering plant
観賞用になるような美しい花をつける植物総称草本のものには一年生二年生 (越年) ,多年生 (宿根) のものがあり,木本のものには高木,低木のものがある。畑,花壇,鉢植,垣仕立て,庭木盆栽などいろいろの仕立てがある。またこれらを切り花にするときは,一輪ざし,盛り花,そのほかいろいろな方法によって観賞する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

か‐き〔クワ‐〕【花×卉】
《「」は草の意》
花の咲く草。草花。
観賞用に栽培する植物。観賞する部分により、花物葉物実物(みもの)などに分ける。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かき【花卉】
〔「卉」は草の意〕
花の咲く草。草花。
観賞用に栽培する植物。観賞の対象となる部分により、葉物・花物・実物みものなどと分ける。 「 -園芸」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か‐き クヮ‥【花卉】
〘名〙 (「卉」は草の総称) 花の咲く草。また、観賞のために庭などに栽培する被子植物。観賞の対象となる部分によって花物、葉物、実物と呼ばれる。〔異制庭訓往来(14C中)〕
※彼岸過迄(1912)〈夏目漱石〉須永の話「孰(いづ)れも単純な花卉(クヮキ)の写生に過ぎなかったが」 〔南史‐徐勉伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

花卉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

花卉の関連情報

他サービスで検索

「花卉」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.