Rakuten infoseek

辞書

【アクタ】

デジタル大辞泉

あくた【×芥】
ごみ。くず。かす。転じて、つまらないもの。「塵(ちり)のごとく扱われた」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かい【芥】[漢字項目]
人名用漢字] [音]カイ(漢) ケ(呉) [訓]からし あくた
からし菜。香辛料のからし。「芥子(かいし)
小さなごみ。あくた。「塵芥(じんかい)土芥
[名のり]しな
[難読]芥子(からし)芥子(けし)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごもく【×芥】
ごみ。あくた。
「人の住家に塵(ちり)、―の溜る程、世にうるさき物なし」〈浮・一代女・三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

あくた【芥】
ごみ。ちり。くず。転じて、つまらないもの。 「最愛いとおしみし人は-の如く我を悪にくめるよ/金色夜叉 紅葉

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごもく【芥】
ごみ。ちり。あくた。 「人の住家に塵-の溜る程世にうるさき物なし/浮世草子・一代女 3

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

芥 (カラシナ・カラシ)
学名:Brassica ×juncea
植物。アブラナ科の越年草,園芸植物,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あくた【芥】
〘名〙 腐ったりなどして打ち捨てられているもの。ごみ。くず。廃物。また、比喩(ひゆ)的に、役に立たないもの・無益なものをいう。
※万葉(8C後)七・一二七七「天なる姫菅原の草な刈りそねみなのわたか黒き髪に飽田(あくた)し著くも」
※玉塵抄(1563)三〇「本のまことの人は、物をさうさうにあくたなことはいわぬぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごもくた【芥】
〘名〙 =ごもく(芥)
俳諧・蛇之助五百韻(1677)「五木太(コモクタ)もさそふ水あるゐてとけて 熊手をかたけいなんとぞ思ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

芥の関連情報

他サービスで検索

「芥」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.