Rakuten infoseek

辞書

芥川竜之介【アクタガワリュウノスケ】

デジタル大辞泉

あくたがわ‐りゅうのすけ〔あくたがは‐〕【芥川竜之介】
[1892~1927]小説家。東京の生まれ。第三次・第四次「新思潮」同人。大正5年(1916)「」で夏目漱石に認められて作家として登場。新技巧派の代表作家とされる。昭和2年(1927)自殺。命日は河童忌という。作「羅生門」「地獄変」「河童」「侏儒(しゅじゅ)の言葉」「歯車」「或阿呆の一生」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

芥川竜之介 あくたがわ-りゅうのすけ
1892-1927 大正時代の小説家。
明治25年3月1日生まれ。芥川比呂志・也寸志の父。母の実家芥川家の養子となる。東京帝大在学中,久米正雄,菊池寛らと第3次,第4次「新思潮」を創刊。大正5年発表の「鼻」を夏目漱石に激賞され,文壇に登場。「羅生門(らしょうもん)」「芋粥(いもがゆ)」などの王朝もの,「奉教人の死」などのキリシタンもので新技巧派の代表的作家となる。神経衰弱をやみ,「或阿呆(あほう)の一生」「歯車」をかいたのち,昭和2年7月24日自殺。36歳。その名を記念してのち芥川賞がもうけられた。東京出身。旧姓は新原。号は澄江堂主人など。俳号は我鬼。作品はほかに「玄鶴山房」「河童(かっぱ)」など。
【格言など】将来に対する唯ぼんやりした不安(遺書)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

あくたがわりゅうのすけ【芥川竜之介】
1892‐1927(明治25‐昭和2)
作家。東京の生れ。号,澄江堂主人など。俳号は我鬼。生後7ヵ月にして母の発狂のため,その実家芥川家に養育され,幼少年期を下町の本所に過ごす。養家は代々お数寄屋坊主を務め,その家系につたわる文人的・遊芸的気分はおのずからに彼の作風に影響を与え,その文人趣味とともにすぐれた鑑賞家の眼を育てた。府立三中,一高を経て1916年,東大英文科を卒業後,海軍機関学校の英語教官として19年まで勤めた。16年2月発刊の第4次《新思潮》に発表の《鼻》が,師夏目漱石の推挽を受け文壇に登場。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

芥川竜之介」の用語解説はコトバンクが提供しています。

芥川竜之介の関連情報

関連キーワード

島津保次郎清水宏マキノ雅広衣笠貞之助伊藤大輔内田吐夢田坂具隆五所平之助斎藤寅次郎クライン(Melanie Klein)

他サービスで検索

「芥川竜之介」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.