Rakuten infoseek

辞書

芥子括【けしぐくり】

精選版 日本国語大辞典

けし‐ぐくり【芥子括】
〘名〙
袖口をできるだけ細くくくり縫うこと。江戸時代、特に、侠客の間に行なわれて、粋な仕立方とされた。
※談義本・教訓不弁舌(1754)二「年寄たものの若盛の時にはやりし〈略〉袖口の芥(ケシ)ぐくり」
袋物、巾着などの周囲に縫いつけるひらひらした縁(へり)
歌舞伎衣装の袖、襟、裾(すそ)などに縫いつける五色の布帛でひらひらした縁。弁才天、乙姫、唐子などの衣装につける。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芥子括」の用語解説はコトバンクが提供しています。

芥子括の関連情報

他サービスで検索

「芥子括」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.