Rakuten infoseek

辞書

芥子坊主・罌粟坊主【けしぼうず】

精選版 日本国語大辞典

けし‐ぼうず ‥バウズ【芥子坊主・罌粟坊主】
〘名〙
① ケシの果実。花の散った後、子房が肥大して径五~六センチメートルの球形、または、楕円体の朔果となり、その頂部には放射状の柱頭が残り、その中心の小穴から、熟すると種子を出す。《季・夏》
※俳諧・小町踊(1665)夏「花の雨かかれとてこそ芥子坊主〈器音〉」
② (芥子の実に似ているところから) 子どもの頭を、頭頂のところだけ髪を残し、まわりを全部そったもの。すずしろ。おけし。けしぼん。〔物類称呼(1775)〕
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「わアいわアい。芥子坊主(ケシボウズ)のおかみさんが何所(どこ)にあるもんか」
③ 唐人の弁髪(べんぱつ)の頭。また、唐人。
※浄瑠璃・国性爺合戦(1715)唐船「韃靼頭の芥子坊主(ケシぼうず)、捻ぢ首つらぬき追ふせ、切ふせ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芥子坊主・罌粟坊主」の用語解説はコトバンクが提供しています。

芥子坊主・罌粟坊主の関連情報

他サービスで検索

「芥子坊主・罌粟坊主」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.