Rakuten infoseek

辞書

色調【しきちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

色調
しきちょう
colour tone
色合いともいう。赤,緑,青などの色の感覚的側面をさす。したがって,色相とほぼ同義であるが,通常は,明度飽和度とを含む色の調子をさすのに用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しき‐ちょう〔‐テウ〕【色調】
色の濃淡・明暗強弱などのぐあい。色合い。「落ち着いた色調の服」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

色調
 色の属性で,色の調子といわれる.明暗,強弱などを含む特徴.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しきちょう【色調】
色の配合、濃淡・強弱などの調子。色合い。 柔らかい-の照明

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しき‐ちょう ‥テウ【色調】
〘名〙 色彩の濃淡、強弱、対照などのぐあい。また、比喩的に物事の感じやぐあいをいう。傾向、色合(いろあい)。トーン。
※ヰタ・セクスアリス(1909)〈森鴎外〉「一々の写象に性欲的色調を帯びてゐるとでも云ひさうな風なのだから」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

色調」の用語解説はコトバンクが提供しています。

色調の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.