Rakuten infoseek

辞書

色打掛

結婚式・ウェディング用語集

色打掛
色地の打掛けに金箔や刺繍がされている「キモノ・ガウン」のことをいいます。白無垢より格下の装いでしたが、現在では正礼装とされている。打掛とは打掛小袖ともいい、室町時代に武家の婦人の秋から春にかけての礼服として羽織のように打ち掛けて着られていたのが由来です。江戸時代に入って豪商や富裕な町家でも着られるようになり、次第に一般にも婚礼の礼服として普及しました。色打掛には、地紋の入った色地に、赤や緑など華やかな色で松竹梅、鳳凰、鶴亀、御所車といっためでたい吉祥模様を刺繍した打掛や、織や染、白地に金糸、銀糸による刺繍や印金・箔などの技法で吉祥文様を現した施した打掛があります。和装の場合、結婚式においては、挙式は白無垢、披露宴は色打掛というパターンが定着しています。帯をせず、歩くときに褄(つま)をかい取らねばならないので、掻取(かいどり)とも呼ばれています。

出典:ウェディングプリンセス
©2005-2010 Wedding Princess All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

色打掛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

色打掛の関連情報

他サービスで検索

「色打掛」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.