Rakuten infoseek

辞書

色事【イロゴト】

デジタル大辞泉

いろ‐ごと【色事】
男女間の恋愛や情事。「色事には縁遠い生活」
芝居で、男女間の情事のしぐさ。
情人。愛人。いろ。
「あの花紫は幡随長兵衛が―だとのこと」〈伎・吾嬬鑑〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いろごと【色事】
情事。恋愛。 「 -に耽ふける」
芝居で、情事の演技・演出。ぬれごと。
情人。恋人。 「亭主が-の所へ夜な〱通ふ事を思つて/滑稽本・浮世床 2

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いろ‐ごと【色事】
〘名〙
① 男女が情を通わすこと。情事。ぬれごと。
※浄瑠璃・最明寺殿百人上臈(1699)道行「色ごとの用心ならば気遣(づか)ひあるな」
② 色事の相手。情人。愛人。
※歌舞伎・傾情吾嬬鑑(1788)序幕「花紫は幡随長兵衛が色事だとの事」
③ 芝居での男女の情事のしぐさ。ぬれごと。またはその俳優。色事師
※役者論語(1776)あやめぐさ「ぶたいへ出て、色事をする時」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

色事」の用語解説はコトバンクが提供しています。

色事の関連情報

他サービスで検索

「色事」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.