Rakuten infoseek

辞書

色で見わける栄養分【いろでみわけるえいようぶん】

食の医学館

いろでみわけるえいようぶん【色で見わける栄養分】
野菜はじつに色とりどりですが、色によってある程度栄養分が判別できます。
 赤はビタミンB12鉄分、黄色は食物繊維やカロテン類、緑はミネラルやビタミンCを豊富に含んでいます。
 これらの色を目安に、自分の体調に合わせて食材を選びましょう。
・鉄分豊富な赤い食べもの
 トマト、ビート、ハツカダイコントウガラシ、ブドウなど、赤色の食べものは貧血予防に効果的な鉄分がたっぷり。
・黄色の食べものには繊維
 黄色い食べものには腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にする成分が含まれています。麦、トウモロコシ、パインアップル、バナナ、レモン、カボチャなど。
・肌のみずみずしさを保つ緑色
 ミネラル、ビタミンが豊富な緑の野菜。肌を美しく保ち、ストレスを解消。ホウレンソウ、ブロッコリー、グリンピース、パセリ、コマツナアスパラガスなど。
紫色は体力回復に
 紫色の食べものにはアントシアニン類が豊富で、抗酸化作用があります。病中病後の体力回復に。ナス、ブルーベリー、キイチゴなど。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

色で見わける栄養分」の用語解説はコトバンクが提供しています。

色で見わける栄養分の関連情報

他サービスで検索

「色で見わける栄養分」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.