Rakuten infoseek

辞書

良弁【ろうべん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

良弁
ろうべん
[生]持統3 (689)
[没]宝亀4 (773).11.24. 奈良
奈良時代華厳宗。朗弁とも書く。東大寺開山通称を金鐘行者といった。渡来人の子孫とも,近江国または相模国の人ともいわれる。2歳のときワシにさらわれて,奈良の春日神社のスギの木に捨てられ,義淵僧正に育てられたという逸聞が知られる。義淵について法相,唯識(→唯識説)を学んだ。天平5(733)年羂索院を建立し,さらに毘盧遮那仏の大像を造立,これを金鐘寺とした。同 12年この金鐘寺に新羅の僧審祥講師として招き華厳講を始め,最初の『華厳経』の講説を行なった。同 14年金鐘寺は大和国分寺(→国分寺)に指定され,同 18年金鐘寺を改めて東大寺とする工事が起こされると,橘諸兄行基らとともにこれに尽力,その初代別当となった。天平勝宝3(751)年少僧都(→僧都)となり,同 8年鑑真とともに大僧都に任じられた。天平宝字4(760)年8月退廃した仏教界の粛正のために,慈訓,法進とともに,僧階を 4位13階に改めるべきことを奏上し,宝亀4(773)年僧正となった(→僧位)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ろうべん〔ラウベン〕【良弁/朗弁】
[689~774]奈良時代の華厳宗の僧。日本華厳宗の第二祖。近江(おうみ)または相模の人。通称、金鐘(こんしゅ)行者。義淵法相(ほっそう)を、新羅(しらぎ)僧審(しんじょう)に華厳を学び、金鐘寺を建立。東大寺建立に尽力し、初代別当、のち僧正となった。りょうべん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りょうべん〔リヤウベン〕【良弁】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

良弁 ろうべん
689-774* 奈良時代の僧。
持統天皇3年生まれ。はじめ義淵(ぎいん)に法相(ほっそう)をまなぶ。金鐘寺(現東大寺法華堂)を建立し,審祥(しんじょう)をまねいて華厳(けごん)経講をひらき,華厳宗をひろめた。大仏造立など東大寺の発展につくし,天平勝宝(てんぴょうしょうほう)4年初代別当。のち大僧都,僧正。晩年には近江(おうみ)(滋賀県)石山寺を造営した。宝亀(ほうき)4年閏(うるう)11月16日死去。85歳。通称は金鐘行者。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

良弁 りょうべん

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ろうべん【良弁】
689‐773(持統3‐宝亀4)
奈良時代の華厳・法相(ほつそう)の僧。東大寺の開山。百済系渡来人の後裔。近江あるいは相模出身と伝える。義淵に師事して法相宗を学び,728年(神亀5)に聖武天皇の皇太子基親王の冥福を祈る金鐘山房の智行僧の一人に選ばれ,740年(天平12)大安寺審詳(祥)(しんじよう)を講師として《華厳経》の研究を始め,金鐘寺が大和国国分寺,さらに盧舎那大仏造像の地となる機縁をつくった。745年《金光明最勝王経》の講説を行って仏教界を先導し,盧舎那大仏造像に当たっては,造東大寺司次官佐伯今毛人(さえきのいまえみし),行基などとともに聖武天皇を助け,752年(天平勝宝4)4月の大仏開眼ののち,5月1日に初代の東大寺別当に任ぜられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りょうべん【良弁】
ろうべん良弁

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

良弁
ろうべん
(689―773)
奈良時代の華厳(けごん)宗、法相(ほっそう)宗の学僧。東大寺の開山。百済(くだら)系渡来人の後裔(こうえい)。その出身地は近江(おうみ)国(滋賀県)あるいは相模(さがみ)国(神奈川県)と伝える。義淵(ぎえん)に師事して法相教学を学び、728年(神亀5)に聖武(しょうむ)天皇の皇太子基(もとい)親王(727―728)の夭死(ようし)によって建てられた金鐘山房(寺)の智行僧(ちぎょうそう)の一人に選ばれた。740年(天平12)に大安寺審詳(しんじょう)(審祥。?―742)を講師として『華厳経』の研究を始め、743年正月には『金光明最勝王経(こんこうみょうさいしょうおうきょう)』の講説を行うなど、仏教界を先導し、当山寺が大和(やまと)国分寺、さらに盧遮那(るしゃな)大仏造立の地となる機縁をつくった。大仏造像にあたっては佐伯宿禰今毛人(さえきのすくねいまえみし)や行基(ぎょうき)などとともに聖武天皇を助け、752年(天平勝宝4)4月の大仏開眼供養会(だいぶつかいげんくようえ)のあと、5月1日に初代の東大寺別当に任ぜられた。伝戒師鑑真(がんじん)一行が東大寺に詣(もう)でたときはこれを迎え、聖武上皇の死去にあたっては生前の看病の功により、また仏教界の領袖(りょうしゅう)として大僧都(だいそうず)となり、763年(天平宝字7)9月に僧正(そうじょう)の極官に補せられた。晩年には石山寺(いしやまでら)の造営にも関係し、宝亀(ほうき)4年閏(うるう)11月16日に85歳で没した。
 現今東大寺開山堂には、1019年(寛仁3)11月に有慶(ゆうきょう)(986―1071)によって造像された良弁坐像(ざぞう)が安置され、その右手に持つ木造如意(にょい)は生前所持のものと伝え、奈良時代の製作にかかるものである。[堀池春峰]
『堀池春峰著『南都仏教史の研究 上』(1980・法蔵館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

良弁
ろうべん
689〜773
奈良時代の東大寺の僧
近江(滋賀県)または相模(神奈川県)の人。初め法相宗を学んだが,740年新羅 (しらぎ) 僧審祥 (しんしよう) を講師として招き,華厳宗を広めた。聖武天皇の東大寺建立に協力し,初代別当となった。764年僧正になった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

良弁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

良弁の関連情報

関連キーワード

飛鳥浄御原令采女氏塋域碑柿本人麻呂持統天皇日本におけるおもな時代区分草壁皇子飛鳥浄御原律令小野老カールマルテル草壁皇子

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.