Rakuten infoseek

辞書

船虫【フナムシ】

デジタル大辞泉

ふな‐むし【船虫】
等脚目フナムシ科の甲殻類。多く海岸の岩石の間などに群れをなしてすみ、体長4センチくらい。体は小判形で、横長の体節に分かれ、胸脚は七対ある。 夏》「―に心遊ばせ月を待つ/亜浪

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ふなむし【船虫】
甲殻綱等脚目に属する節足動物。体長約4センチメートル。体は小判形でかたい甲におおわれ、第二触角と尾部のひげが長い。胸部の付属肢が発達し、移動が素早い。世界中の海岸に分布し、岩石の下などに群れをなすが、海水中では生存できない。近縁種のヒメフナクイムシを含めることもある。 [季] 夏。
フナクイムシの異名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

船虫 (フナムシ)
学名:Ligia exotica
動物。フナムシ科の節足動物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふな‐むし【船虫】
〘名〙
① 等脚目フナムシ科の節足動物。体長三~五センチメートル。体はやや扁平な長卵形で、背面は暗褐色ないし黄褐色。体は頭部、胸部、腹部からなり、胸部には七対、腹部には五対の肢がある。第二触角および腹端の尾肢はひげ状に長くのびる。各地の沿岸に分布し、空気呼吸をするため水中では生活できない。岩礁上などに群生。釣りの餌にすることもある。はまむし。《季・夏》
※洒落本・古契三娼(1787)「ぎしぎしなるあしだはいて舩虫(フナムシ)のはふうどんやの汁つぎ持て」
② 貝「ふなくいむし(船食虫)」の異名。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

船虫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

船虫の関連情報

他サービスで検索

「船虫」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.