Rakuten infoseek

辞書

船舶【せんぱく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

船舶
せんぱく
ship
水上航行のために使用する工作物で,日本の法規では櫓・櫂で動かす船と推進器をもたない浚渫船以外のすべての船を船舶という。民法上は船舶は動産であるが,総トン数 20t以上の船舶は不動産に準じる取扱いがなされる。船舶の国籍・運行の条件は船舶法によって定められ,船舶の安全については船舶安全法などによって規制される。公船以外の航海用船舶には海商法が適用される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せん‐ぱく【船舶】
人や荷物を載せて水上を走る交通機関。ふね。
海商法上、商行為を目的として水上を航行する、櫓櫂船(ろかいせん)以外の船。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せんぱく【船舶】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せんぱく【船舶】
ふね。人や財貨をのせて水上を航行する乗り物。商法上では、商行為をなす目的で航海の用に供せられる船で、櫓櫂ろかい船以外のもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

船舶
せんぱく
水上を航行して貨客を輸送する構造物。商法上は、商行為をなす目的で航海の用に供するもの(商船)としている(商法684条)。しかし、公用船(自衛艦、海上保安庁の巡視艇など)以外の商行為を目的としない航海船に対し、海商法の規定を準用している(船舶法35条)ので、漁船なども商法上船舶である。ただ、端舟(たんしゅう)、櫓櫂船(ろかいせん)、推進器のない浚渫船(しゅんせつせん)は除外される。船舶は、主として機械力で運航する汽船と主として帆で運航する帆船に分かれるほか、総トン数20トン以上の登記しうる登記船(登簿船)と20トン未満の不登記船(不登簿船)、梁(はり)・肋骨(ろっこつ)・船尾材を備える西洋型船とそうでない日本型船、日本の国籍を有する日本船舶とそうでない外国船舶などに分類される。船舶は法律上動産であるが、船舶登記制度や抵当権の対象となるなど、法律上不動産的な取扱いがなされている。なお、1900年(明治33)に制定された「船舶法取扱手続」に、船舶の名称にはなるべく末尾に「丸」の字を付することという項があったが、2001年(平成13)に廃止となった。[戸田修三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せん‐ぱく【船舶】
〘名〙 (「舶」は海の大船の意)
① 大型の船、特に人間や荷物を積載して海上を航行するように建造した船。
※長器論(1801)「船舶の海洋を渉渡するに沖乗りといふ事あり」
② 商法で、商行為を目的として航海の用に供される櫓櫂船(ろかいせん)以外の船。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

船舶」の用語解説はコトバンクが提供しています。

船舶の関連情報

他サービスで検索

「船舶」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.