Rakuten infoseek

辞書

【ハク】

デジタル大辞泉

はく【舶】[漢字項目]
常用漢字] [音]ハク(漢)
海を渡る大きな船。「舶載舶来巨舶商舶船舶

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

つむ【舶】
大きな船。 進みて嶋郡しまのこおりに屯いわみて-を聚め軍の粮を運ぶ/日本書紀 推古訓

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つくの‐ぶね【舶】
〘名〙 航海用の大船。大きな船。つくぶね。〔十巻本和名抄(934頃)〕
※読本・椿説弓張月(1807‐11)前「一艘の舶(ツクノブネ)追風よろしきとて、䌫を解ありけり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つく‐ぶね【舶】
※藻塩草(1513頃)一七「つく船」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つむ【舶】
〘名〙 上代における大型船の呼称。つみ。
※書紀(720)皇極元年八月(岩崎本訓)「百済の使参官等、罷(まか)り帰る。仍て大舶(ツム)と同舩(はしふね)と、三艘(つ)を賜ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はく【舶】
〘名〙 海を渡る大きな船。
※小学読本(1874)〈榊原・那珂・稲垣〉「大にして洋中を渡るべきを舶といふ」 〔資治通鑑‐唐禧宗乾符六年〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

舶の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.