Rakuten infoseek

辞書

舟橋聖一【ふなはしせいいち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

舟橋聖一
ふなはしせいいち
[生]1904.12.25. 東京
[没]1976.1.13. 東京
小説家,劇作家。 1928年東京大学国文学科卒業。在学中の 25年『朱門同人となり,河原崎長十郎主宰の劇団「心座」結成に参画,戯曲『痼疾者』 (1926) を上演,好評を博した。その後徳田秋声の門に入り小説に転じ,『ダイヴイング』 (34) により行動主義を主張,『文学界』同人 (35) となった。『木石』 (38) ,『悉皆屋 (しっかいや) 康吉』 (41~45) を経て,第2次世界大戦後は『雪夫人絵図』 (48~50) ,『芸者小夏』 (52) など濃厚な愛欲世界に独特のロマンチシズムを発揮し,井伊直弼生涯を描いた『花の生涯』 (52~53) も注目を浴びた。そのほか『岩野泡鳴伝』 (36~38) ,『ある女の遠景』 (63) など。芸術院会員。 75年文化功労者

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

舟橋聖一
東京生まれ。東京帝国大文学部在学中から戯曲や小説を書き始める。戦後、48年の「雪夫人絵図」で流行作家となり、幕末大老・井伊直弼らを描いた「花の生涯」や「絵島生島」「白い魔魚」など多くの話題作を発表。75年に文化功労者。日本文芸家協会理事長のほか、横綱審議委員会の2代目委員長も務めた。競馬好きで文士馬主としても知られた。
(2015-08-29 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

ふなはし‐せいいち【舟橋聖一】
[1904~1976]小説家・劇作家。東京の生まれ。戯曲から出発し、のち行動主義をうたった小説「ダイヴィング」で注目された。第二次大戦後は独自の伝統的、官能的な美の世界を展開。小説「木石」「雪夫人絵図」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

舟橋聖一 ふなはし-せいいち
1904-1976 昭和時代の小説家,劇作家。
明治37年12月25日生まれ。冶金学者舟橋了助の長男。東京帝大在学中に河原崎長十郎らと劇団「心座」を結成,戯曲を「新潮」に発表。昭和8年明大教授。同年「行動」同人となり,「ダイヴィング」で注目された。10年「文学界」同人にくわわり,13年「木石」を発表。戦時中には「悉皆屋(しっかいや)康吉」,戦後は「雪夫人絵図」「花の生涯」「ある女の遠景」など,官能小説,時代小説,風俗小説をつぎつぎにあらわす。日本文芸家協会初代理事長,横綱審議会委員長。芸術院会員。50年文化功労者。昭和51年1月13日死去。71歳。東京出身。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ふなはしせいいち【舟橋聖一】
1904‐76(明治37‐昭和51)
小説家,劇作家。東京生れ。父は東大工学部教授。東大国文科時代の1925年に河原崎長十郎等と劇団心座を結成,卒業後は劇団蝙蝠座を起こし,また新興芸術派の運動に参加した。33年,知識人の行動主義を標榜する雑誌《行動》(1933年10月~35年9月)創刊とともに同人となり,《ダイヴィング》(1934)を発表して小説家の地位を確立した。35年には《文学界》同人に加わり,《木石》(1938)を発表。戦争中は時局に便乗することなく,《悉皆屋康吉(しつかいやこうきち)》(1945)を完成させた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふなはしせいいち【舟橋聖一】
1904~1976) 小説家・劇作家。東京生まれ。東大卒。戦時下「悉皆屋康吉」に伝統に生きる職人を描き、戦後は独自な官能的世界を確立。「雪夫人絵図」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

舟橋聖一
ふなはしせいいち
(1904―1976)
小説家、劇作家。明治37年12月25日、東京・本所(ほんじょ)横網町に生まれる。父は冶金(やきん)工学専攻の東京帝国大学教授、母も財閥の娘で、ともに名門の出である。母方の祖母の影響により、幼時から芝居、芸者、相撲(すもう)取りなどに親しく接し、後年の舟橋文学を形成する世界を存分に吸収した。旧制水戸高校を経て東京帝国大学国文科を卒業。在学中より村山知義(ともよし)、河原崎(かわらさき)長十郎らと劇団心座(こころざ)を結成、1926年(大正15)10月、戯曲『白い腕』を『新潮』に発表して文壇に進出し、戯曲集『愛慾(あいよく)の一匙(さじ)』(1930)を出版したが、しだいに劇作家から小説家へと転身した。『木石(ぼくせき)』(1938)は舟橋本来の伝統的官能的な美の世界を抑制しながら定着したもので、太平洋戦争中に書き継がれた『悉皆屋(しっかいや)康吉』(1941~45)には、時代に抵抗して伝統的な美の精神を守ろうとする決意が込められている。第二次世界大戦後は第一線の人気作家として『雪夫人絵図』(1948~50)、『芸者小夏』(1952)、あるいは井伊直弼(いいなおすけ)を主人公とした歴史小説『花の生涯』(1952~53)などを発表し続けてその作風を深め、『ある女の遠景』(1961~63)、『好きな女の胸飾り』(1967)によって、唯美的世界を日本の伝統的な美と融合させながら完成した。創作以外にも本格的な研究書『岩野泡鳴伝』(1938)があり、また1934年(昭和9)『自由主義文学の提唱』を発表して行動主義、能動精神、知識階級についての論争を惹起(じゃっき)した時代批評精神も見過ごすことはできない。昭和51年1月13日没。[森本 穫]
『『舟橋聖一選集』全13巻(1968・新潮社) ▽『日本文学全集60 舟橋聖一』(1966・集英社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふなはし‐せいいち【舟橋聖一】
小説家、劇作家。東京生まれ。はじめ戯曲をよくし、のち行動主義の小説「ダイヴィング」や「木石」を発表。戦後、独自な愛欲文学の世界を「雪夫人絵図」「ある女の遠景」などに展開。他に「花の生涯」など。明治三七~昭和五一年(一九〇四‐七六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

舟橋聖一」の用語解説はコトバンクが提供しています。

舟橋聖一の関連情報

関連キーワード

日露戦争史(年表)日露戦争ロシア革命解析変成作用熱雲青木繁インターナショナルウェーバー(Max Weber)ソディソフィア

他サービスで検索

「舟橋聖一」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.