Rakuten infoseek

辞書

舟橋秀賢【ふなはし ひでかた】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

舟橋秀賢 ふなはし-ひでかた
1575-1614 織豊-江戸時代前期の公家(くげ)。
天正(てんしょう)3年生まれ。清原国賢(くにかた)の子。明経(みょうぎょう)道を家業とする清原氏の嫡流で,秀賢の代から家名を舟橋とした。明経博士兼式部少輔(しょう),従四位上。後陽成天皇,後水尾(ごみずのお)天皇の侍読をつとめ,活字印刷の技術に通じた。慶長19年6月28日死去。40歳。日記に「慶長日件録」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ふなはしひでかた【舟橋秀賢】
1575‐1614(天正3‐慶長19)
江戸初期の公卿。明経博士。清原夏野27世。父は大蔵卿国賢。宣賢の玄孫。1584年蔵人左近将監,88年式部大丞,1601年舟橋と改姓,02年明経博士,04年従五位下式部少輔,以後従四位上に至り,後陽成,後水尾天皇の侍読を務めた。儒学旧注の伝統を維持し,その日記《慶長日件録》は近世初期研究の重要な史料である。【山本 武夫

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

舟橋秀賢」の用語解説はコトバンクが提供しています。

舟橋秀賢の関連情報

関連キーワード

安土桃山時代(年表)セルバンテスエルナンド=デ=サン=ホセ=アヤラ秋山信友鳥居強右衛門鳥居強右衛門織田信長長篠の戦い日本女子大学キャンパスグッズ関西大学カイザースグッズ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.