Rakuten infoseek

辞書

舞台裏【ブタイウラ】

デジタル大辞泉

ぶたい‐うら【舞台裏】
舞台の裏側の、見物席からは見えない所。楽屋も含めていう。
ある事柄の行われる裏面。「財界の舞台裏で暗躍する」
[補説]書名別項。→舞台裏

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶたいうら【舞台裏】[書名]
滝沢美恵子長編小説。平成9年(1997)刊。地唄舞の世界に生きる女性を主人公とする恋愛小説

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぶたいうら【舞台裏】
客席から見えない舞台の裏。大道具や控え室などのある所。
表面には現れない所。 「 -で暗躍する」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶたい‐うら【舞台裏】
〘名〙
① 舞台の手で、見物席からは見えない所。楽屋も含めていう。
※冷笑(1909‐10)〈永井荷風〉三「いろいろな小道具の立掛てある板壁(はめ)に遮られた舞台裏の方へと歩いて行つた」
② 転じて、物事が行なわれる裏面。一般には知られない実情。
※内灘にて(1953)〈臼井吉見〉「現代の政治につきものの舞台裏の存在する余地のないこと」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

舞台裏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

舞台裏の関連情報

他サービスで検索

「舞台裏」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.