Rakuten infoseek

辞書

舎弟【シャテイ】

デジタル大辞泉

しゃ‐てい【舎弟】
自分の弟。実の弟。また、弟分。「舎弟がお世話になっております」⇔舎兄
他人の弟。
「―は幾つになられた」〈本庄陸男・石狩川〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しゃてい【舎弟】
自分の弟。実の弟。時には他人の弟もいう。 ⇔ 舎兄
(やくざなどの)弟分。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゃ‐てい【舎弟】
[1] 〘名〙
① 実の弟。自分の弟。⇔舎兄
※東大寺文書‐天慶三年(940)五月六日・筑前国観世音寺牒案「件庄田故前典侍従四位下源朝臣珍子忌日法事并瓫供料、舎弟蔭孫敏従美作」 〔杜甫‐得舎弟消息詩〕
② 他人の弟。また、自分より目下の人。
※菅家文草(900頃)二・賀橘木「聞君舎弟皆家業、次第当探海底珠」
※宇治拾遺(1221頃)一五「そこの舎弟、もろもろのあしきことの限りをこのみて、多くの人を歎かする。など制し給はぬぞ」
③ 弟分。
※いやな感じ(1960‐63)〈高見順〉一「砂馬より年上だけど、リャク屋としてはシャテイ(弟分)格だった」
[2] 狂言の曲名。各流。いつも兄に舎弟と呼ばれている弟がいたずらな物知りに舎弟とは盗人の唐名だと教えられ、怒って兄の家に行き、兄を引き倒す。「狂言記(外)」では「兄弟いさかい」という。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

舎弟」の用語解説はコトバンクが提供しています。

舎弟の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.