Rakuten infoseek

辞書

舎密開宗【せいみかいそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

舎密開宗
せいみかいそう
宇田川榕庵が翻訳した日本最初の近代化学のテキスト。 21巻。天保8 (1837) ~10年刊。原本はイギリスの化学者 W.ヘンリーの"Elements of Experimental Chemistry" (1799) のドイツ語訳から A.イペイがオランダ語に訳したアムステルダム版 (1808) である。「舎密」は chemieの音訳である。このなかで榕庵は多くの術語を訳して使っている。しかも榕庵はただ訳しただけではなく,23種もの書物を参照して,増注としてこの書を完成した。この書によって,日本において初めて,近代化学の本質と特徴が正しく認識されて紹介された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

セイミかいそう【舎密開宗】
江戸後期の翻案化学書。21巻。天保8年(1837)刊の日本最初の化学書。英国人W=ヘンリー原著のドイツ語訳をさらにオランダ語訳した本を宇田川榕庵が訳し、自らの実験や考察を加えたもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいみかいそう【舎密開宗】
幕末の洋学者宇田川榕菴が訳述し,1837年(天保8)から約10年をかけて,江戸青藜(せいれい)閣から出版された日本最初の体系的化学書。内編6編(各編3巻,全18巻),外編1編(全3巻),計21巻から成る。巻1に化学親和力,溶解,熱素による状態変化などの総論,巻2~15に無機化学,巻16~18に有機化学,外編3巻には温泉分析など分析化学が書かれている。 原本は,〈序例〉によれば,イギリスのヘンリー(W.Henry)原著《化学入門An Epitome of Experimental Chemistry》の第2版(1801)を,ドイツ人のトロンムスドルフJ.B.Trommsdorff(1770‐1837)が増注しドイツ語訳本としたものを,さらにイペイA.Ypey(1749‐1820)が増注してオランダ語に重訳し,アムステルダムで1808年に刊行したもの(これは《Chemie voor Beginnende Liefhbbers of Aanleiding》(1803)とされる)という。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

セイミかいそう【舎密開宗】
日本最初の化学書。宇田川榕庵著。内編一八巻、外編三巻。1837~47年刊。イギリスのヘンリーの著書の独語訳の蘭語訳を原著とし、訳とともに自分の注釈・実験の結果を記載。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

舎密開宗
せいみかいそう
日本初の体系的化学書。宇田川榕菴(ようあん)の訳述。大半が仮名交じり文で、内篇(へん)六篇(各篇3巻、計18巻)、外篇1篇(3巻)からなる。1837~47年(天保8~弘化4)に順次、稿なり刊行された。その内容は、18世紀末のラボアジエ化学体系、さらにデービーやベルツェリウスの電気化学など1820年代までの成果を取り入れている。しかしドルトン提唱(1803)の原子・原子量の考えはほとんどない。内篇は理論化学で、巻1は総論として化学親和力、状態変化、熱素など、巻2~9は酸素・窒素・水素・水・アンモニアなど無機化合物非金属、巻10~15は同金属、巻16~18は有機化合物(植物)が書かれ、295章蝋(ろう)で終わる。外篇は応用化学で、鉱泉分析法などである。さらに未刊の稿本として、内篇巻18の296章以下と巻19~21(動物化学、310章膠に始まる)、および外篇巻4~5(鉱物などの分析法)、巻6(試薬の純度などの分析法)などが現存する。『舎密開宗』の原書は、イギリスのW・ヘンリー著『An Epitome of Experimental Chemistry』(1801初版、のち『Element of Experimental Chemistry』と改題、1810第六版)のドイツ語訳書を、さらにイペイAdolf Ijpeij(1749―1820)がオランダ語訳した『Chemie, voor beginnende Liefhebbers』(1803)ものであるとされる。
 このほか、ラボアジエの『化学綱要』のオランダ語訳本(1800)、イペイの『依氏広義(いしこうぎ)』(1804~12)、スマルレンブルグF. van Catz Smallenburgの『蘇氏舎密(そしせいみ)』(1827~33)など24冊の蘭(らん)書、さらに和漢の書が参考、引用され、また榕菴自身が行った実験記録も書かれている。その意味で本書は、単なる訳書ではなく、研究書といえる。その用語(たとえば、元素、酸素、水素、窒素、酸、アルカリ、物質、燃焼、酸化、還元、温度、飽和など)の多くが今日も使われており、わが国の化学に与えた影響は大きい。[道家達將]
『田中実校注『舎密開宗』(1975・講談社) ▽坂口正男他著『舎密開宗研究』(1975・講談社) ▽道家達將著『日本の科学の夜明け』(1981・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

セイミかいそう【舎密開宗】
江戸後期の翻案化学書。二一巻(内編一八巻、外編三巻)。イギリス人ウィリアム=へンリー原著「An Epitome of Chemistry」(一八〇一)のオランダ語訳を宇田川榕庵が訳述したもの。天保八~弘化四年(一八三七‐四七)刊。単なる訳だけでなく、榕庵自身の行なった実験記録や独自の考えも取り入れた日本最初の化学書として意義が大きい。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

舎密開宗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

舎密開宗の関連情報

他サービスで検索

「舎密開宗」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.