Rakuten infoseek

辞書

舎人【とねり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

舎人
とねり
令制で天皇,皇族などに近侍して警固,雑事にあたった下級官人。内舎人 (うどねり) ,大舎人中宮舎人東宮舎人衛府の兵士などの総称。内舎人には身分の高い貴族子弟が,大舎人以下には下級官人,地方豪族の子弟,白丁 (庶民) が任じられ,課役免除の恩典があった。別に親王,上層官人などに給される帳内 (ちょうない) ,資人 (しじん) があり,いずれも「とねり」と読まれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゃ‐じん【舎人】
召使い。家来。家人(けにん)。
「とねり(舎人)」を音読みにした語。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とねり【舎人】
《「との(殿)い(入)り」の音変化かという》
古代、天皇・皇族の身辺で御用を勤めた者。
律令制で、皇族や貴族に仕え、護衛・雑用に従事した下級官人。内舎人(うどねり)大舎人・東宮舎人・中宮舎人などがあり、貴族・下級官人の子弟などから選任した。
牛車(ぎっしゃ)の牛飼いや乗馬の口取り。
宮内省式部職の判任名誉官。式典に関する雑務に当たった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とねり【舎人】
天皇や皇族に近侍し護衛を任務とした下級官人。令制以前の舎人は6世紀後半から設置され,東国を中心に国造(くにのみやつこ)やその一族から朝廷に貢進され,名代・子代(なしろこしろ)として隷属した。〈とねり〉の名は〈とのはべり(殿侍)〉のちぢまったものという(《古事記伝》)。国造またはその一族は舎人直(とねりのあたい)として舎人を統率し,舎人部は舎人の管掌下に舎人の資養物を貢進することなどを負担し,舎人直―舎人―舎人部という階層関係がみられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゃじん【舎人】
召し使い。けらい。
とねり」に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とねり【舎人】
皇族・貴族に仕えて、雑務を行なった下級官人。律令制下には内舎人・大舎人・春宮舎人・中宮舎人などがあり、主に貴族・官人の子弟から選任された。舎人男。舎人子。
平安時代、貴族の牛馬などを扱う従者。
旧宮内省式部職に属した名誉官。式典に関する雑務に従事した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

舎人
とねり
6世紀後半ころ国造(くにのみやつこ)またはその一族で朝廷に貢進され、天皇や皇族の護衛と雑役を勤めた下級官人。この舎人を統率したのは有力な国造やその一族の舎人直(とねりのあたい)であり、舎人部は舎人の従者・廝丁(しちょう)(炊事夫)を勤めるか、舎人の課役を負担したらしい。673年(天武天皇2)仕官する者をまず大舎人(おおとねり)として仕えさせ、天皇に忠節を尽くす習慣が体得されたのち、才能を試験して他の官司の職に任用することとした。これにより、天皇による支配を各官司に浸透させることを図ったのである。養老令(ようろうりょう)では、五位以上の人の子孫を内舎人(うどねり)(定員90人)、左右大舎人(各800人)、東宮(とうぐう)舎人(600人)、中宮(ちゅうぐう)舎人(400人、以上文官系舎人)に、内六位以下八位以上の人の嫡子または庶子を大舎人と武官の左右兵衛(ひょうえ)(各400人)に貢進させ、一般農民を衛士(えじ)(「とねり」とよぶ)に徴集し、舎人をあらゆる階級から貢進させ、貢進地域も全国化している。衛士の令制定員は不明で、805年(延暦24)では衛門府(えもんふ)衛士は400人、左右衛士府の衛士は各600人である。
 舎人になることは律令官人として仕官する者が通る一つの重要なコースとされ、大舎人寮(りょう)、春宮坊(とうぐうぼう)、中宮職(しき)、兵衛府などは下級官人の養成機関の役割を担い、他の官司に対する官人補給源をなした。令外官(りょうげのかん)として皇后宮職舎人(のち紫微中台(しびちゅうだい)舎人、坤宮官(こんぐうかん)舎人)、授刀(じゅとう)舎人(のち授刀衛(じゅとうえ)舎人、近衛(このえ)舎人、左(さ)近衛舎人)、中衛(ちゅうえ)舎人(のち右近衛舎人)などがある。令制で諸臣の従者の帳内(ちょうない)(京官に授ける)、資人(しじん)(地方官に賜る)も「とねり」とよばれるが、『日本書紀』などにみえる令制以前の帳内・資人は令制用語を借りて記されたもので、古い時代の制度は不詳である。[井上 薫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゃ‐じん【舎人】
〘名〙
① 王侯らの食客門下。また、家来。めしつかい。家人
※文明本節用集(室町中)「棘津迎客之舎人(シャシン)也〔説苑〕」 〔史記‐廉頗藺相如伝〕
② 「とねり(舎人)」を音読した語。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とねり【舎人】
〘名〙
① 天皇、皇族などに近侍し、雑事にたずさわった者。令制下では内舎人・大舎人・東宮舎人・中宮舎人があり、内舎人は貴族の子弟から、大舎人以下は下級官人の子弟または庶人から選任した。舎人男
※古事記(712)序「時に舎人有りき。姓は稗田、名は阿礼」
② 授刀舎人寮および衛府の兵士。
※三代格‐七・延暦一四年(795)五月九日「衛府舎人係望軍毅、今廃兵士其望已絶」
③ 「ちょうない(帳内)」または「資人(しじん)」のこと。
※続日本紀‐和銅三年(710)七月丙辰「左大臣舎人正八位下牟佐村主相摸」
④ 貴人に随従する牛車の牛飼、馬の口取りなどの称。舎人男。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「とねり、ざうしきをばうちしばらせなどし給ふ」
⑤ 旧宮内省の式部職に置かれた判任の名誉官。他の宮内判任官と兼任し、典式に関する雑務に従事するもの。〔宮内省官制(明治四〇年)(1907)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

舎人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

舎人の関連情報

他サービスで検索

「舎人」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.