Rakuten infoseek

辞書

舌咽神経【ぜついんしんけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

舌咽神経
ぜついんしんけい
glossopharyngeal nerve
第9脳神経知覚運動分泌を受けもつ混合神経で,後部3分の1の感覚咽頭筋の運動を支配する。また分泌線維は耳下腺に分布し,唾液の分泌を司る。鼓室粘膜の知覚もこの神経が支配する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぜついん‐しんけい【舌咽神経】
舌と咽頭に分布する脳神経。舌の後部3分の1の味覚・知覚をつかさどり、舌骨筋・咽頭筋の運動、耳下腺の分泌などに関与する。第九脳神経。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

舌咽神経
 第IX脳神経で,舌と咽喉を支配する知覚,運動,分泌神経.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぜついんしんけい【舌咽神経】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぜついんしんけい【舌咽神経】
延髄の上部より発し、舌根・咽頭に分布する、知覚および運動神経から成る神経。第九脳神経。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

舌咽神経
ぜついんしんけい
第9脳神経で、その名の示すとおり、舌と咽頭に分布する神経である。舌咽神経は、運動線維、感覚線維、副交感性線維を含む混合神経であり、ヒトでは、橋(きょう)と延髄の境でその両外側部から迷走神経(第10脳神経)といっしょに出る。感覚神経としては、舌の後ろの3分の1の味覚と知覚(痛覚・触覚・温度覚)、咽頭から鼓室にわたる粘膜の知覚をつかさどるほか、頸動脈(けいどうみゃく)洞・頸動脈小体に分布して心臓の働きの抑制、血管の拡張などもつかさどる。このほか、耳下腺(じかせん)に分泌線維を送っている。なお、運動神経としては咽頭筋を支配している。[嶋井和世]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぜついん‐しんけい【舌咽神経】
〘名〙 脊椎動物の第九脳神経。延髄から出て内耳の付近および舌根・咽頭に分布する感覚神経。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

舌咽神経」の用語解説はコトバンクが提供しています。

舌咽神経の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.