Rakuten infoseek

辞書

興世王【おきよおう】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

興世王 おきよおう
?-940 平安時代中期の官吏。
武蔵権守(むさしのごんのかみ)在任中の承平(じょうへい)8年(938)足立郡司の武蔵武芝とあらそい平将門(まさかど)の仲介で和解する。翌年,新任国司百済(くだらの)貞連とも対立将門のもとに身をよせ,坂東征服をすすめたとされる。天慶(てんぎょう)3年2月19日上総(かずさ)(千葉県)で朝廷の追討軍に討たれた。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版

おきよおう【興世王】
?~940 平安中期の官人。系譜不詳。平将門に坂東征服を勧め、将門が行なった除目により上総介となる。のち追討軍に殺された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おきよ‐おう ‥ワウ【興世王】
平安中期の地方官。王族だが、系統未詳。武蔵権守。平将門の客人となり、将門に反乱をすすめた。天慶三年(九四〇)将門敗死後、上総国で討たれた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

興世王」の用語解説はコトバンクが提供しています。

興世王の関連情報

関連キーワード

カラハン朝石清水八幡宮酸化マンガン平将門ゴールドマン・サックスフランスの容器包装リサイクル中国での遺棄化学兵器処理事業タイでの動物密輸取引成田山新勝寺承平天慶の乱

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.