Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

舂米【ショウマイ】

デジタル大辞泉

しょう‐まい【×舂米】
米を臼でつくこと。また、ついて白くした米。つきよね。
奈良・平安時代、諸国で脱穀して京都に輸送し、大炊寮(おおいりょう)内蔵寮(くらりょう)に納めた米。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうまい【舂米】
〈つきしね〉〈つきよね〉ともいう。稲穀の籾がらをとり除いたもの。古くはその作業は主として女性が(竪杵(たてぎね))で行った。大和朝廷のもとで屯倉(みやけ)が置かれると舂米部(つきしねべ)が定められることがあった。律令国家の成立とともに官司での食料が多量に必要となると,〈年料舂米〉として定期的に政府に納入させた。その財源はたてまえ上は田租から支出されることになっていたが,実際は正税稲(しようぜいとう)が用いられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

つきしね【舂米】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

つきよね【舂米】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

つくよね【舂米】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

舂米
しょうまい

穎稲(えいとう)あるいは穀(こく)を舂(つ)いて籾穀(もみがら)を取り除いた米。「舂米(つきしね)」ともいう。穎稲一束は穀1斗に相当し、それを舂くと舂米5升が得られる。令の規定では、年料舂米(ねんりょうしょうまい)として田租(でんそ)を舂いて京進し、中央官司の官人の食料にあてることになっていたが、実際には出挙稲(すいことう)が用いられた。9世紀になると庸米の不足を補うために年料租舂米として田租が舂かれて京進されるようになった。なお、舂米は重貨なので近国や海運に便利な国が運京国にあてられた。

[寺内 浩]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう‐まい【舂米】
〘名〙
① 米を臼(うす)でつくこと。また、ついて精白した米。つきよね。〔張籍‐羈旅行〕
② 奈良・平安時代、脱穀した米。もみがらを取り去った米。黒米(玄米)・白米(精白米)の区別がある。租は主に国郡に留めるが、京に送るものは脱穀して舂米とした。京では白米を大炊寮(おおいりょう)、黒米を民部省・内蔵寮(くらりょう)に収納した。〔令集解(701)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

舂米」の用語解説はコトバンクが提供しています。

舂米の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.